ミミズだってオケラだってアラフォーだって

ビルの受付からカリッと更新中!サクッと読める香ばしい雑記です

【小石川後楽園】都内の有料の公園は都会のオアシス。イイことが8個ぐらいある

どうも、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

今日は日曜日。

さて、昨日の続き。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 といってもまぁ、だいたい書きまして、なんかいったん途切れるとうまく戻れませんね。

小石川後楽園という東京ドーム近くの有料の公園に行ってきた

なので、昨日のおでかけの話。

小石川後楽園という有料の公園に行ってまいりました。

まぁ、子どもにとっては地味極まりない場所です。

下の四歳の息子は、行く前の、たいした説明もしていない段階ですでになにかを感じていたのか「おるすばんがいい」と主張し、行ってからの最大のイベント『ママの手作りお弁当 』 も、「帰ってから食べる」と、カッコいいぐらいキッパリ断り、公園ではひと口も食べませんでした。

都内の有料の公園(¥150~)のいいところ8個

公園の話。

まぁね、地味ですけどすごくいいんです、空気が。

ポイントはやはり「有料」。

ここは300円(小学生以下は無料)でしたけど、似たような公園がけっこうあって、150円とかもあります。

www.kensetsu.metro.tokyo.jp

この小銭程度の入園料のおかげで、

  • (特に子連れだといてほしくない)怪しげな人がいない
  • キャピキャピワイワイした種類の人がいない
  • よけいなお金がかからない
  • 人が少ない
  • 一人でただたたずんでいても不自然じゃない
  • きれい
  • なんとなく選ばれし者気分
  • 時間が穏やかにゆっくり流れている気分

こんな、いいことがあります。

まとめ

息子は、池の鯉を見る以外は退屈そうでしたが、小2の娘は、クリスマスに親戚のおばさんにもらったカメラを手に、「今までで一番いっぱい写真撮った!」と満足気でした。

幼稚園ぐらいの子どもは一番退屈かもしれませんが、多少グズグズしていても、周りは穏やかな年配の方々が多く、微笑んで見守ってくれます。

とにかく天気さえよければ非常に満足度の高い「おでかけ」になるかと。

今日はこのへんで。

じゃ、おやすむ~!!