ミミズだってオケラだってアラフォーだって

ビルの受付からカリッと更新中!サクッと読める香ばしい雑記です

モチベーションを保ち無理なくブログを継続できるようになった「気の持ち方」と「環境」

どうも、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

 土曜の朝。

さてとポテト。

ブログの毎日更新が続いています

(継続期間: 18 日)

まんまとこの表示に踊らされて。

私、これまでブログって何度かやってて、ずーっと同じような意識だったんです。

書きたい時はあるけど、書きたい時以外には書けない。

お店のブログとかだったんで、知らせる必要がある時と、なんかしら「書くだけのこと」が起きた時。

そんな時でも、基本は「ぃよっこいしょぉ~!」ってムリして書いてました。

suzukiyasumu.hatenablog.com

それがね、その「ムリして書く」って意識が抜けたんですよ。

「日記でいい」ですべてが変わった

一番大きいのが「気の持ち方」

ひと言

「日記でいい」

suzukiyasumu.hatenablog.com

私の場合、これがすべてでしたね。

いやね、「見ず知らずの他人の日記なんて誰が読むんだ」とか「有益であれ」とか「タイトルの答えを書け」とか、そんなんばっかりなんですよ、ブログ論的なやつって。

もちろん大切なことには違いないんですけど、そんな「ブログの常識」が私の足かせになっていたワケですハイ。

あとはね、私の中にある「駄文を垂れ流すことの罪悪感」とか「記事は作品」みたいなムダな意識の高さ。

そんな全部を捨てて「日記でいい」と思えたことでガラッと変わりました。

「環境」がなきゃやっぱりムリ

あとひとつ大切なことは「環境」。

平日はビルの受付でコソコソスマホ入力で書いてるワケですが、正直この環境がなければできてません。

私の場合、小さな子どもが二人(8歳娘と4歳息子)いながらも、9時に寝て早朝(?)3時起きという「超早起き作戦」で自分の時間を確保してはいるものの、毎日ブログ更新に当てるとなれば負担になります。

仕事中にそんな環境があるからこそできてます。

そんなん聞くと「けしからん!」って思う人もいるかもしれませんね。

今度、そんな私の仕事観でも書きましょうか。

なんつってたら、休日の朝でも子どもが6時前に起きてきてしまうんですわ。。

じゃ、おやすむ~!!