ミミズだってオケラだってアラフォーだって

ビルの受付からカリッと更新中!サクッと読める香ばしい雑記です

予想通りに職場の息苦しさが増している

さてとポテト、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

台風過ぎゆく金曜日。

先日、掃除のばあさんの退職をお伝えした。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 その後の状況を記しておく。

二週間ほど経過したが、新しい人はまだ入っていない。

ばあさんの退職申告が遅かったからだろう。

プンプン丸と被害者ヅラの二人は相変わらず、私とコミュニケーションをとろうとはしない。

ジジイも同じだ。

ばあさんの退職理由(女二人の無視とジジイの無茶ギレ)もあって、心のどこかでジジイにはなにかしらの変化を期待していた部分もあったが、ムダな期待であった。

女二人に比べれば、ジジイにはまだ、情のようなものは感じられ、(機嫌にもよるが)職場環境をよくしようとする気持ちも、一年前ぐらいまではあったように思う。

私との関係悪化もあるだろうが、下地はやはりプンプン丸にある。

プンプン丸の負のエネルギーは、70年かけて築き上げてきたジジイの岩のような人格さえ歪めるのだ。

ああいう人間を見ていると、本当に無知は罪だなと思う。

自分の抱えるストレスの発生源を確かめることもせず、原因を知ろうともせず、そのストレスを別の場所に持ち込み、無関係の人間にバラ撒く(全部決めつけだが、まぁ多分そうだ)。

無数にいるこういうヤツらが、世の中の空気を悪くする。

相手にしてもしなくても、周りは疲弊するばかり。

予想していたとおり、この空気を一人で受けて立っている私が、なかなかけっこうしんどいことになっている。

変化といえばそれぐらいだ。

今私は、社長がばあさんの後釜を連れてやってくるのを待ち構えている。

そのタイミングで、職場の現状をすべて話し、それに加えて、インフルエンザでの出勤や、有休でもいいところを中抜けで済ませたりしたことを持ち出して、まとまった休みや有休を取れるように交渉を持ちかけるつもりだ。

受付も掃除も、マニュアルさえあればその日に来た人でもできる仕事だし、なんなら(受付は)私がマニュアルを作ろう。

この有休作戦が蹴られたら、現実路線としては、ジジイとの関係改善を図ろうかなというのも考えている。

プンプン丸の異常性は、私よりジジイの方が知っている。

そこを糸口にして、私とジジイの間に、今よりマシなそれなりの関係性が生まれれば、まだなんとかなるような気がする。

それがうまくいかないようなら、私もそろそろ去る時かもしれない。

でも、こんな人生再設計第一世代の私が普通に転職しようとしたら、どうせ似たような職場しかないんだろうなぁとか思うと、まぁうまく受け流してやっとく方がまだマシなのかなとも思う。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 とまぁ、そんなことを考えているこのところである。

じゃ、おやすむ〜!!