私の体調

世界に届け私の体調!

「大切な人」がいない人の気持ちを逆なでするかもしれないメッセージ《日記#016》

2020年4月7日(火)

ここんとこ、「大切な人を守るための行動」を促す雰囲気が強くなっている。

私なんかだと妻と子どもがいて、志村けんが死んじゃったりしたもんだから、そのタイミングで、お店のレジ的なとこではマスクしようってなった。

個人的には、感染は個人の健康状態とか生活習慣によるところが大きく、(様々な情報に触れた上で)マスクはほぼ意味のないものだと思っているのは変わらない(※手の除菌は意味がないどころか、常在菌を殺してコロナのためにわざわざ空きスペースを作ってるようなものでむしろマイナスだってのも)。

ただ、こういう世の中になっしまっている以上、相手に与える不安を考慮する必要はあるだろう。

えっとまぁ、そういう話じゃないんだ。

要は、今の私であれば、そんなメッセージが一応効果的ではあると。

ただ、「大切な人」がパッと思い浮かばないような境遇にいる人にとっては、そんなメッセージが繰り返されて、世の中がそんな雰囲気になっていくってのは、ヒジョーにしんどいんじゃなかろうかって。

自分には守りたい大切な人はいないし、自分の命は自分の責任なので、外出自粛なんてしませんけど?って、私がそんな立場ならフツーに思うような気がする。

なんなら「大切な人いねーけど悪りーの!?」ぐらいな。

なんかホント、人の心を動かすのって難しい。

子育てでもけっこう似たような場面があったりする。

って、一例を書こうと思ったが、疲れてきたのでやめよう。

みんなくたびれている。

子どもが大人のコントロールを感じ取るように、国民は国のコントロールを感じ取る。

今は、促して意思に任せる時ではない。

向かうべき場所を具体的に示し、その原動力になるような力強くシンプルなメッセージで心を動かしてもらいたい。

マスク2枚をドヤ顔でばらまける人間に、国民の心が伝わることはないだろうが。