私の体調

中年男性の日々の体調が丸わかり!

桶田(フォークダンスDE成子坂)が自殺じゃないことがハッキリしてスッキリした

さてとポテト、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

 風で飛ばされそうな木曜日。

桶田の訃報からなんとなくどんよりしていた心が、ようやくスッキリしました。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 爆笑問題太田が「爆笑問題カーボーイTBSラジオ)」内で桶田について語ってくれたからです。

www.sponichi.co.jp

私の最大のモヤモヤとして、この件についての芸人さんたちのムードからしてなんとな~く「自殺」なのかなぁってのがあったんですわ。

「病」としか公表されず、誰も死因に触れないから。

実のところは「癌」だったそうです。

それ以上具体的な病状なんかは話してなかったので、さらに勘ぐって「でもやっぱり、、」みたいなことも感じながら聞いてましたが、最初に癌が見つかったのが、相方の村田渚くも膜下出血で急逝してまだ間もない頃だったそうで、その辺りのエピソードも併せてようやく受け入れられた感じです。

まぁしかしそもそも、すぐに公表されなかったり、死因その他諸々について芸人たちが多くを語ろうとしなかったのも、基本的には本人の意向が尊重されてのことだったようで、本人の「こうしてくれ」に、周りはなんとか合わせようとしてきたんたけど「やっぱムリ!」っていう、今回の流れも含めて「桶田敬太郎」を物語っているというか。

いやね、今ポッドキャストも聞いてるんですけど、ザックリと言えるのは、そもそもいわゆる「普通」のラインみたいなものが普通のとこにない人なんですよね。

本人的にはちょっとしたイタズラのつもりなんだけど、普通の感覚からするとかなり度を越してる、みたいな。

なので、「面白さ」という感覚においてはそのズレがうまいこと実を結んだけども、こと私生活の人間関係なんかにおいては、おそらく無数の「あらぬ誤解」を生み散らかしたんではないかなと想像できます。

「ナニ考えてんだか分からない」的な。

ポッドキャストで言ってましたけど、父親がものすごい無口で、自分もそれを受け継いでるって。

加えてカーボーイで「企画ライブのゲストに佐野元春を呼んでトークしたり歌ったりひと通りやるんだけど、偽物とも本物とも言わずおそらく偽物っぽいけどもしかしたら本物かもしれないみたいなまま終わって、そのままタネ明かしもしなかった」ってエピソードを聞いて、ファンとして、コンビ解散、芸人引退、音楽活動などひとつひとつに不可解さが残るのも、なんとなくその辺が影響してるんだろうなと。

「言わない方が面白くない?」ってのと、生来の無口が相まってのもの、みたいな。

まぁしかし、後追いながら当時の心境を知ってスッキリすると同時に、近年の様子からは(お笑いに向き合うという意味での)「再起」みたいなものも感じられて、無念だったろうなというところもあったり。

「お別れの会」的なものがあって、来てる芸人さんたちを前に「お父さんってこんなに有名人だったんだ」って息子が言ってたってエピソードにもほっこりしました(奥さんと息子がいることも知りませんでしたけど)。

で桶田は、息子に最近のバラエティ番組を見せず、ドリフばっかり見せてたらしいです。

そんなところで、引き続きポッドキャストを聞いていこうかなって感じです。

じゃ、おやすむ~!!