ミミズだってオケラだってアラフォーだって

ビルの受付からカリッと更新中!サクッと読める香ばしい雑記です

2019鵜原海水浴場(千葉)ピーク時混み具合画像【駐車場,到着時間など】

f:id:suzukiyasumu:20190809083157j:plain

鵜原海水浴場のシンボル「白い鳥居」

さてとポテト、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

2019年8月3日(土)に、千葉県勝浦市鵜原(うばら)海水浴場へ行ってきました。

足立区から家族四人でレンタカー。

8月最初の土日で、気象条件的にも、前週まではイマイチな天気で、翌週もその時点の天気予報では曇り気味だったので、行くならこの土日ってぐらいの、混みそうな条件の整った日でした。

たまには人の役に立ちたいので、コマゴマ書いておきましょう。

何時に鵜原海水浴場に到着すれば駐車場に空きがあるか

まず、行く前に私が調べたサイトの中で最も参考になったのがコチラ。

鵜原海水浴場の駐車場情報!場所や料金を現地の写真付きで解説するよ | いつものようた

とっても具体的でありがたかったです。

コチラとカブらず、2019年の最新情報ってことでヨロシクどうぞ。

それから、ムダ情報も盛り込んでお送りしますが、ムダ情報には目次に(ムダ情報)と付け足しておきましたので、ズバズバ飛ばしてご利用下さいまし!

第一に、現地到着時間を何時に設定しておけばよいか?

結論から申し上げて、11時過ぎとか、なんなら昼でも、「どこにも停められない!」みたいな状況にはならないと思います。

この時もモチロンなってませんでした。

ビーチや海の中も、その時点で混み混みでイヤになるみたいなことも全然ありません。

2019年時点の様子ですが、他サイトで見たそれ以前の数年の情報なども踏まえて、先々よほど注目が集まるとか、大規模開発とかがない限り、似たような状況が続くと思われます。

要は、いい意味で観光地化されてない。

ちょっと分かりにくくて、ちょっと不便で、キャパもあまり大きくない。

この環境が変わらないままでいてくれれば、激混みスポットにはならないだろうなと。

先ほどのサイトを含めいくつか見てみると、10時頃の到着だと駐車場が一杯かも??みたいな感じだったので、8時発の予定を、グイッと5時半に早めて、8時に到着しましたが、海にはまだ10組いるかいないかぐらいでした。

f:id:suzukiyasumu:20190809083143j:plain

駐車場関連で行ってみて感じたこと

  • ここを目指せ!みたいな場所がない
  • 海岸周辺はやっぱり道がせまい
  • グーグルマップだとよく分かんないけど小さめの駐車場(多分みんな1000円)が点在してるので、昼過ぎでもどこかしらには停められそう
  • どの駐車場も同じに見えるので「コアラ駐車場」とか「モンキッキー駐車場」とか名前をつけて絵を描いた看板を設置してほしい

ちなみに、私が停めた駐車場がこちら

f:id:suzukiyasumu:20190809083237j:plain

海岸の遊泳エリア(ビーチの長さが400mほどで中央に白い鳥居があり、左が一般右がサーフィンに分かれている)でいうと、左の一般遊泳エリアの一番左端あたり。

冒頭にはったサイトの小学校跡地辺りの逆サイドですね。

収容台数20台ちょっとぐらいでしたか、ギチギチな感じもなく、左右のミラーを擦った直後の私でもすんなり入れられました。

グーグルマップで見てもらうと「至楽荘」という民宿のもう一個海寄りにあるスペースがそこです。

f:id:suzukiyasumu:20190809092710j:plain

赤い四角の裏手辺りにも駐車場っぽいのがありますが、そこもこの駐車場だったかどうかはちょっとはっきりしません。

青い線の路地の入口がここ。

f:id:suzukiyasumu:20190809083257j:plain

やはりこの黄色の看板「至楽荘」を目指していくのがいいと思います。

この先が海岸の左端なので、おそらくこの路地を過ぎると、車が通れて海岸に出られる道はないかもしれません。

で、この駐車場は、水シャワー付で1000円。

シャワーとかスポンジマットとかも綺麗で、個人的には必要充分な感じ。

着替える場所はないので、スカートみたいなタオル持ってきましょう。

本当にすぐそこがビーチですげー便利な場所でした。

とっても親切なおばちゃんが入口のお宅にいます。

駐車場到着までのドタバタ劇(ムダ情報)

まず初っぱな、5時半出発と書いてますが、本当は5時にレンタカー屋発の予定でした。

「海に財布を持っていかない」という海水浴お役立ちサイト情報に従い、免許証入りの財布をサクッと家に置いてきたために、30分ロスしました。

その後、道中は(珍しく)道をまちがえることもなく、海岸付近まで無事に来ました。

えぇ、海岸付近までは無事、この先は有事ということです。

どうぞ。

(駐車場をはっきり決めなかったため)なんとなく入った方がよさげな路地をひとつふたつやり過ごし、そろそろ入ろうかなと思った路地でも、ちょっとちゅうちょしてしまい、少し行きすぎたところで停まりました。

後方に車が来ないことを確認しつつも、慌てながらバックしたその時ッ!

ガリガリッ・・」

民家の塀に左ミラーをしっかり擦りました。

えぇ、つい三ヶ月前までペーパードライバーでしたけどなにか??

suzukiyasumu.hatenablog.com

がっかりしつつ目的の路地に入り、普通車一台分のせまい道を、最も海岸に近い駐車場まで進みます。

鵜原海水浴場付近の駐車場は1000円という情報を事前に知っていたはずなのに、この時の私は、心の中でなぜか無料の駐車場を求めていて、ちょっとちゅうちょしてしまい、少し行きすぎたところで停まりました。

後方に車が来ないことを確認しつつも、慌てながらバックしたその時ッ!!

カリカリッ・・」

民家の塀に右ミラーをあっさり擦りました。

ものの五分の間に、左右のミラーを、しっかりとあっさりの2パターンで擦りあげたのです。

えぇ、ペーパードラ・・

suzukiyasumu.hatenablog.com

事故の大小にかかわらず警察へ連絡するってことなので、しましたよ。

人生初な気がする110番

なんかフワフワしてて、最初、100番にかけて、「この電話は、現在使われておりません」って言われました。

そんなフワフワした中で、ハンドル操作はミスしても冷静な判断力を失わない私。

民家にいきなり警察官が訪ねたらドキッとするかなと思って、来る前に一人でピンポンして、主っぽい旦那さんに、たいした事故でないことをご理解頂いておきました。

警官二名到着。

ひと通り状況説明を終え、民家へ。

ピンポンすると、「これぞ」という分かりやすい、ボケ気味のおばあちゃん登場!

警官「おうちの人他にいる?」

婆「あんだって??」

警官「うん、あのね、ちょっと事故しちゃってね・・」

婆「事故!?」

いよいよ面倒臭くなりそうな頃合いで、先ほどの旦那さんが出てきてくれて、穏便にコトが運びました。

私の冷静なワンクッションがなかったら、もう少しおばあちゃんが活躍したかもしれません。

時間ごとのビーチの混雑状況(画像あり)

と、到着直後にそんなことがありつつ、ビーチは穏やかです。

10時頃のビーチ▼

f:id:suzukiyasumu:20190809083314j:plain

 まだまだ全然スカスカです。

 

12時頃のビーチ▼

f:id:suzukiyasumu:20190809083356j:plain

お昼頃でも、激混みみたいな状況ではありません。

実際、海の中にいても、人が多くてジャマだなみたいな気にはなりません。

 

14〜15時頃のビーチ▼

f:id:suzukiyasumu:20190809083439j:plain

f:id:suzukiyasumu:20190809083452j:plain

だいたい14時〜15時頃がピークでこんな感じ。

それでもまぁ、人の少ないところを選ぶ余地はあるって感じで、結局一日を通して、人だらけみたいなことには全然なりませんでした。

帰りは30分前行動で快適に

四時がなんとなくいろんなのの終了タイムっぽいです。

なので、30分前には車に戻れるように、その少し前から荷物をまとめて、って感じで海から上がりました。

おかげで、駐車場のシャワーも待ちなし、我々が使い終わる頃からひと組ふた組と戻ってくる感じでした。

その他の海水浴お役立ち情報や必須アイテム

鵜原とか関係なく、海なんていつ以来だろう・・って方に、激しく伝えておきたいのは、お日様ナメるなってこと。

f:id:suzukiyasumu:20190809102504j:plain
コレ、私の腰骨付近です。

泉沢ブログばりの中年の生々しい自撮りにチャレンジしてみました。

www.izumisawasan.tokyo

朝イチに日焼け止めを塗っただけで、海やら砂浜やら、一日の九割方を日なたで過ごしたらこうなりました。

三日後ぐらいまで、ジンジンヒリヒリめちゃくちゃ痛くて熱いです。

二日目の夜は、痛みでまともに眠れませんでした。

いやね、まぁ基本ナメてたんですけど、(環境保護の観点から)日焼け止め塗って海入ってってのを繰り返すのがイヤだなという中途半端なマジメさもありました。

ラッシュガードって上着もね、隠すぐらいなら海なんて入んなや!っていう、旧世代の偏見から用意しなかったんです。

日焼け止めを繰り返すより、着た方がいいので、今後はラッシュガードは必須アイテムですハイ。

妻いわく、砂が入ってあとが大変なのでフードやポケットはなし、脱ぎ着しやすい前開き、色は白系だとうっすらシミみたいのが出てくるので黒系とのことでコレのブラック購入。

それからテントのアレコレ。

持ってったテントがコレ。

家族四人でまぁくつろげるぐらい。

公園だとバッチリなテントですが、海だとこういうのよりこういう方がいいと思います。

下の面がないやつ。

砂とか海水でベトつくし、あんまりガッツリテント内でなんかするってこともないので。

後々の片づけとか掃除のことも考えて、下はレジャーシートで、荷物置いてちょこっと座れるぐらいで充分な気がしました。

さて、そんなとこで、以上、鵜原海水浴場攻略法2019最新版でした!

追伸

帰りはしっかり道をまちがえて、アクアラインに乗るつもりが、直前の分岐でなぜか乗らない方にハンドルを切ってしまい、なんだかんだで四時間半かけて帰りました。

と、娘の絵日記に書かれていました。

 


あ、あと追伸の追伸

ミラーを擦ったレンタカーのその後。

レンタカー屋に帰ってチェックしてもらったところ、ごく軽微な損傷につき社内で対処するので、事故の届け出は取り下げておきます&本来2万円の負担になりますが今回はなしでOK。ですって。

なんとなく、これぐらいの傷なら客もとぼけるし、店も言わないのかなというラインが分かって勉強になりました。

画像撮っときゃよかったですね。。

じゃ、おやすむ〜!!