私の体調

世界に届け私の体調!

人生再設計第一世代支援として公営プール・ジムを無料化すれば犯罪が減るかもよ?!

さてとポテト、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

雨の金曜日。

菅田将暉くんをバカにするヤツを許さない

2ヶ月ほど前の記事。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 生活習慣や趣味の偏り(手出ししやすい「見る」とか「聴く」ばかりになる)によって、日々がなんとなく退屈でモヤッとするのをどうにかしたいって話。

どげんかせんといかんと始めたのがギター。

suzukiyasumu.hatenablog.com

サイレントピックも無事届き、無数に出現するギター講師YouTuberの中で、私が師事したおじさん。

m.youtube.com

今のところ、おじさんのおかげで「きらきら星」を雑に弾けるほどまでに上達した。

しかし、コードを押さえることも激難しければ、テンポを保ってコードチェンジすることも激激難しい。

ギターを弾ける人がけっこう当たり前にいることが信じられない。

コードを“ちゃんと”押さえながらとなると、一生弾けない気がする。

菅田将暉くんがバンドをやって歌と演奏を披露しました、とかいうエンタメニュースをついニヤニヤしながら見てしまう私はもういない。

ギターを弾けるだけで激素晴らしい努力や才能だし、ギターを弾きながら(聞き苦しくない)歌を歌えるなんて、それはそれは激激ものスゴイことだって分かったから。

なので、ギターはそこからイマイチ気持ちが乗らずおろそかになっている。

そんな中、ふたつの運動が習慣になりつつある。

カレンダーに㋒㋫って書けば筋トレは続く

ひとつは筋トレ。

全然たいした筋トレでなく、腕立て腹筋。

Tarzanで読んだ、10回3セットを30秒のインターバルでやるってやつ。

10回ってのがポイントで、ただサッサとやるんでなく、10回が限界になるようにゆっくりめにやるの。

今もこの理論が通用してるのか知りませんが、前にやってた時にもけっこう効果あったので、これでやってます。

これも今どうなのか知りませんが、筋トレは筋肉の回復期間があるから、2〜3日に一回ぐらいでいいっての。

そうすると、一回5分もかからず、週に2〜3回でいいので、かなり気楽なんですよね。

で、続けるとっかかりとして重要なのが、始めたてのかすかな変化を見つけることね。

「今までなかったとこになんか影できてない?」とか、1〜2週間ぐらいでも、絶対自分にしか分からないレベルの変化が出てきます。

するとやっぱね、気持ちが乗るんですわ。

あとはカレンダーね。

カレンダーに、腕立てしたら㋒、腹筋したら㋫って書いとく(※文字化けしてませんかね?丸ウ丸フです)。

するとやっぱね、続けとくかってなるんですわ。

で、カレンダーに㋒㋫㋒㋫書いてたら、いつの間にかいろんな日にちに「㋒㋫」とか「㋫♡」とか「㋒㋫㋫」とか娘に書かれててワケが分からなくなるっていうオマケつき。

それから、筋肉痛がなんか嬉しい。

イタタタってなりながらちょっとニヤける。

最近は調子づいて、仕事中トイレに行く度にスクワット20回とか、受付のカウンターに手をついて足を浮かせ、腕を曲げ伸ばしするトレとか、バリエーションを増やしてます。

はい、筋トレ報告は以上です。

泳げない父返上の軌跡

ふたつ目、水泳。

なにを隠そう私はカナヅチでして、中学の時は、結膜炎という理由ひとつでどこまでプールを見学し続けられるかが夏の最大のテーマでした。

この夏は、娘のクロール25m達成(学校のプールの検定合格)のため、子どもと一緒に近所のプールに行く機会が増えました。

そう、順調に行けば9歳にして父を越えるのです。

そんな中、浮き輪の息子(5歳)とノン気にパチャパチャしてるだけの父でいいのか?

私は意を決しました。

「ボクもクロールで25m泳げるようになる!」

一番の懸念事項であった「パッと見普通のフォームで泳げているのか?」問題も、先日の鵜原海水浴場でのビデオチェックでクリア(※プールは撮影禁止なので、たとえ25 m泳げてもフォームが変かもしれないという不安は拭えない)。

時々溺れそうになりながらも、けっこうすんなり泳げるようになりました(※娘いわく、下半身が完全に沈んでいるらしい)。

海パンとゴーグルも新調し、(今は)冬も通うつもりでいる。

人生再設計第一世代に公営プール・公営ジムを無料開放すれば犯罪が減るかも

ようやく本題です。

いやね、やっぱ運動ってメンタルに相当いいですよ。

まぁもちろんメンタルだけじゃないけど。

最近の事件ってみんな「人生再設計第一世代」じゃないですか。

京都アニメーションにしても、カリタス小学校にしても、事務次官の息子にしても。

覚せい剤で逃走してたヤツとか、あおり運転の宮崎容疑者とか。

にしても、宮崎容疑者の映像、見れば見るほど面白くなってきますね〜。

車がキキッと止まって、ドアがバーンッと開いて、満を持して宮崎さん登場!!

「ウリィェェーーーイッ!!!!」みたいな。

で、撮る喜本さん。

まぁいいや。

京都アニメーションとか、カリタスなんて特にそうで、ずーーっと溜め込んできたものを一気に爆発させたみたいな感じじゃないですか。

gendai.ismedia.jp

news.infoseek.co.jp

なんかしら運動が習慣になってたら、爆発するまで溜め込まないと思いません?

TVチャンピオン殺人鬼通選手権を心待ちにしていた殺人鬼マニアの私でも聞いたことないですもんね。

世を揺るがすような事件の犯人が、「日曜日の草野球だけが生きがいだった」とか「ことあるごとにゴールドジムの会員であることを吹聴していた」とかって。

そら運動だけでなくてなんでもいいんですけど、この世知辛い世の中ですから、少しでも発散しやすい環境を作ってもらえると、少しは違うんじゃないかなと。

人殺すか踏みとどまるかが、それで変わるとしたら、なかなかの策じゃありませんか?

にしても、「人生再設計第一世代」って、まったく浸透しませんわね。

こんなんじゃ、どのツラ下げて第二世代にバトンを繋げばいいんだ!

じゃ、おやすむ〜!!