ミミズだってオケラだってアラフォーだって

ビルの受付からカリッと更新中!サクッと読める香ばしい雑記です

はてなブログから若者が去っていく

f:id:suzukiyasumu:20190418175744j:plain

さてとポテト、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

海でモーレツに日焼けして死にそうな私に、追い討ちをかけるような残念なコメントが届いた。

フタケタの輪!vol.1でご紹介した、「絶対激砕」のゆーめんさんがブログを削除されたとのこと。

理由は特に書かれていませんでしたが、まぁブログをやってて、その人のブログを読んでいればなんとなく気持ちは理解できる気はします(もらったコメントの承認はしないでおきますハイ)。

さらに、同記事で紹介していた、イロムログのイロムさんも同じようなタイミングでブログを削除されたようだとも書かれていました!

ダブルショックです。

イロムの悲鳴にこんなアンサー記事を書いたこともありました。

suzukiyasumu.hatenablog.com

二人とも、人の心にナチュラルに届く文章を書くステキなブロガーでした。

あれ、なんか死んだ人みたいにしてスミマセン。。

いやね、私生活がしんどそうなのは感じてはいましたが、ブログがそれをやわらげらるものでもなくなっちゃったんでしょうねぇ。

余裕のない方向にもうひとマス進んでしまったというか。

さて、これ以上憶測でアレコレ言うのもアレですし、お二人ね、もしこの記事読んだらメールでも下さいホントに。

info@suzukiblog.com

記事にしたりしませんので、ぜひとも心を軽くするためにオジさんを利用して下さいよ。

いやホントに。

まっとうにやってる(であろう)若者が苦しむのがけっこう当たり前な社会ってやっぱおかしいなと思うワケですよ。

もちろんいろんな要素が絡んでのことではあるにせよ、日本で必要とされる教育を受けて生きてきて、これから社会に出ていくとか、社会に出て間もない若者がすでにこれだけ余裕がないって。

本来の自分でなくならせてしまう社会というかね。

おっと、こういうので共感を得ても、みんなで切なくなるだけなのでやめましょう。

いやとにかくね、若い時間を一人、部屋の中でモヤモヤしたり悩んだり、はたまたごまかしたりに費すって、ムダとまでは言いませんが、(経験上)本当にもったいないと私は思います。

人に話すだけでも気が楽になるだろうし、自分の考え方おかしくないでしょ?!みたいのとか、悶々と悩んでるより確実に時間短縮にもなるんで、ぜひホントのホントに、返事のできる形でのご連絡お待ちしておりますよ!

そんな余裕もないでしょうが、だったら休むなり辞めるなりして、(なんなら連絡はくれなくてもいいので)ムリクリでも余裕だけは作りましょう。

一人で抱えるのが一番しんどいし、余裕がないと人格変わっちゃいますから。

と、二人への業務連絡記事になりました。

本来の自分であれる社会を切に望むオジさんより

じゃ、おやすむ〜!!