ムリして更新するブログ

「生きづらいいとも!」の鈴木やすむが、ムリをして毎日(のように)更新するブログです。生きづらさ、健康、QOL、子育て、ビルの受付話などなど。

イノマーも腹を抱えて笑う「東京みるくベイビーズ」ってバンド知らないでしょ?!

 どうも、鈴木やすむです。

日曜日、がっちりマンデーを見て、

suzukiyasumu.hatenablog.com

 そのあと、東京みるくベイビーズというバンドのライブに行ってきました。

の前に、なぜ私があなたの知らない東京みるくベイビーズを知ってるのかの話。

私が高円寺で、(最も大切にすべき)近所の住人から「毎日通るけど気持ち悪くて入れない」と囁かれるカフェを営んでいた頃の話。

お客さんだった女子高生二人組をプロデュースして楽曲を制作し、それをグダグダの自主イベントで歌わせたりしていた一環で、インディーズミュージシャンの楽曲サイトに曲をアップロードしてみたところ、「女子高生」というパワーワードのみに敏感に反応し、まんまとコンタクトを取ってきたのが、東京みるくベイビーズのキーボード、シマナガシ矢吹氏(猫メイクの人)だったのです。

でまぁ、それがもうかれこれ10年以上前の話で、バンドがバリバリ活動していたのもこの頃。

皆さん(の中のごく一部)がグイッと惹きつけられそうな情報を元に東京みるくベイビーズを紹介すると、

オナニーマシーンイノマー氏が、自身のブログ内で「(初見では)ブルーハーツもハイスタもピーズもピンとこなかったけど~」(要約引用)と、そうそうたるロックバンドを引き合いに出した上で、東京みるくベイビーズについて触れています。

イノマーの♂ニッキンタマ:おくれました、2018 年最初のイノマー万博♪ - livedoor Blog(ブログ)

※記事とズレますが、イノマー氏は現在がん闘病中。ブログからもその厳しさが伝わります。。

とまぁそんな変態青春ポップパンクロックバンドです。

期限付きの活動休止や、ミルク鈴木(ボーカル)の童貞喪失、シマナガシ矢吹の肥大化など、大人の階段を登るにつれ、バンド活動もすっかり減っていた中での唐突な初ワンマンライブのお知らせ。

※闘病中のイノマー氏に捧げるライブなんじゃないかな、と勝手に思ったり。。

3、4年前に東京みるくベイビーズのお花見におジャマして醜態を晒した負い目はあったものの、ライブが昼だったこともあり、当日になって一家四人で参戦決定!

開演時間ぴったりにライブハウス「下北沢 MOSAiC」到着。

f:id:suzukiyasumu:20181120051404j:plain

 

ほどよく満員(50人ぐらい?)な感じの薄暗い会場内に、4歳の息子と8歳の娘を連れて珍入!

するとなにやらアナウンス。。

「みなさんこんにちは、広瀬すずです。本日は東京みるくベイビーズのライブにお越し頂きありがとうございます~~~」

途中、はにかんで笑ってたりして本物っぽいけどホントなの??って空気の中、ライブスタート。※本物かどうかはブログの最後で!!

f:id:suzukiyasumu:20181120051415j:plain

 ライブ自体は、往年の「みるくスタイル」ということで、ズバッと割愛!

4歳息子が前から2列目でノリノリな中、おなじみの曲でメンバーたちが楽しそうにやっててなによりでした。

ってゆーか活動を重ねるにつれメンバーがどんどん顔を隠していくバンドって。

f:id:suzukiyasumu:20181120051426j:plain シマナガシ矢吹(キーボード)

 

f:id:suzukiyasumu:20181120051331j:plain

Mr.ポップコーン(ギター)

 

f:id:suzukiyasumu:20181120051342j:plain

落武者(ベース)

 

f:id:suzukiyasumu:20181120051439j:plain

ミルク鈴木(ボーカル)

 

※ドラムのブルーウッド青木氏の画像はいつもミルク鈴木氏に隠れて撮れません。。ドラムの宿命。

 

ビジュアルのみだと完全にキワモノバンドですが、曲がイイので信用して下さい。

 

youtu.be

 

で、ライブ後、腰ミノ的なものを装着していたミル鈴木氏に息子から質問。

「どうしてスカートはいてるんですか?」

f:id:suzukiyasumu:20181120175100j:plain

なにかしら答えてくれて、記念撮影。※このツイートの一枚目の画像が私達ファミリー!きゃ!

 

そして最後、広瀬すずは本物でした!

※なにやらコネをコネコネして録らせてもらったそうです。

そんなワケで、ジジイになってもスーパーパンクロッカーへの道を突き進み続けてほしいなと、息子がライブ中にガマンしていたというパンツについたウンコをお湯で流しながら思う日曜なのでした~。

 f:id:suzukiyasumu:20181120051352j:plain

 

0720.jp

がっちりマンデーを見て感じた「eCOM-8」のスゴいすごさ

どうも、鈴木やすむです。

日曜日の朝、がっちりマンデー見てたんです。

地方の交通機関の特集でした。

だいたいが、古い鉄道会社がコレをああしたらこうなった!みたいな想定内の内容でしたが、とあるバスの紹介が、ワタクシ的に「へ~」とか「ほ~」とかの連続でした。

eCOM-8(イーコムエイト)という、定員10名の小さなバスの話。

www.ttcom.jp


紹介されていた事例は、群馬県桐生駅の周辺を回るバス。

ポイントとなる特徴は、

・電気自動車である

・時速19kmで走る

まずひとつ目、電気自動車であることで国から補助金が下りるので、企業や自治体に採用されやすい。※桐生駅のバスは運賃無料。

ふたつ目の時速19 km。

これがまぁ、すごいスゴくてですね、時速19 km以下にすることで、車としての規制が大幅に緩和されるんですって。

・シートベルトなし
・窓ガラスなし
・衝突実験の必要なし

ただ、いくらなんでも19 kmって遅くない?!って思いません?

思いました??

思いましたよねッ?!

コレがね、実際に駅の周辺をグルッと一周してみると、普通のスピードの車が7分半ぐらいで、eCOM-8だと8 分半ぐらい。確か47秒差とかだったと思います。

ほとんど変わらないんですよ。

なんかホントに、すごいなと。

だって「19kmの車なんてムリっしょ」で終わりますよね、普通。

常にアンテナ張ってて、このルールがこうなったらこんなことできそうだなとか思いついて、そうなるとこの順序で進めて、実際やってみて、それがどんな人に求められて、誰に売り込めばいいとか諸々全部考えて、実際に動くワケですよ。

で、こんな風に前例のないモノを実現させちゃうんですから!

株式会社シンクトゥギャザーの社長、スゴいすごすぎだわ!!

あと、おまけで思うのは、デザイン。

かわいらしいんですよ、変わり種のチョロQみたいな。

これもし、パッとしないデザインだったら、なんか乗ってる自分らがニヤニヤされちゃう気がして敬遠されたかもしれないですよね。

とまぁ、こんな感じでホント、スゴいすごいなぁと感心したってこと!

面白い例えに時間をかけられるようになるか、時間をかけずに面白い例えが浮かぶようになりたい

どうも、鈴木やすむです。

原則、平日は毎日更新を心がけていますが、昨日はできませんでした。

いや、詳しく言い訳をすると、書いたんです。

書いたんですけど、メインブログに回した方がいいなと思って、そうしたんです。

アップできてませんがね!


さてさて、昨日は2週間ぶりに図書館ノマドワークをしてきました。

 

suzukiyasumu.hatenablog.com

 

ここのところ、なんとな~くモヤモヤとしてたワケですが、明けて今日、スッキリしてます。

となると原因はおそらく、「一人の時間不足」ですね。

子育て中の方は激しく同意して頂けるかと思いますが、子どもが小さいうちは、親が一人で何かに集中できる時間なんてほとんどありません。

川相のバント失敗ぐらいありません。※こういうので今っぽいのありませんかね?ってゆーかもっと面白いの。

家庭をかえりみない上にアクティブな方であれば、とにかく外に出てしまえばそれでいいかもしれませんが、私の最優先事項は家族なのです。

家族の時間も大切だし、一人の時間も大切。

その辺のジレンマがいっつもあります。

私のやっかいなのが、家がいいんです。

家で一人の時間が過ごしたい。

何も考えずにゆっくりテレビ見たり、音楽聴いたり、本読んだり、そんなんがしたいのです。

毎朝3:40に起きてブログ書いたりネットしたりってのも一人の時間ですけど、それとはまたべつ。

ぜいたくですよね。

ウォーターサーバーの水でお風呂入っちゃうぐらいぜいたく。※ええ、しっかりと面白いやつないですかね?

えーと、ちょっとなんか、このノリ自体イマイチでしたね。

こういう瞬発力のなさも課題かもしれません。

じゃ、おやすむ!

気分の波をコントロールしたいと思ったというメモ書き程度のもの

どうも、鈴木やすむです。

ここのところ、どうにもやる気が起きず、なんとな~くメンタルがモヤモヤしています。

なににせよ、モノゴトに対する熱量が足りません。

「面倒臭い」のとはちょっと違う。

こうしたいとは思うのに、行動にまで至らないっての。

ポジティブな感情に、行動がついてこないんです。

ホントにちょっとした気分の差でやれることが、なんとなくできない。

気分の波ってありますよね。

アレをどうにかコントロールできる術はないものかなと、今思いました。

ちょっと近いうちに、2、3冊本でも読んでみます。


っていうのも、行動に移せるかどうか。。

というワケで、本日は手抜きでお送り致しました。

じゃ、おやすむ!

スマホの機種変更にみる豊かな世の中の行く末

どうも、鈴木やすむです。

ここ最近、充電が急激に減るようになったり、いつの間にか通話ができなくなってたり(こっちの声が相手に聞こえない)、明らかにスマホの挙動がおかしくなってきたので、機種変更しました。

普通に使ってると、だいたい2年ぐらいでどこかしらおかしくなってくるんですけど、今回もそれくらい。

前の前ぐらいまでは、機種変えるのってなんとなく「フンフン♪」って気分の方が勝ってたんですけど、もうすっかり面倒臭さが勝りますね。

なんでしょう、入れるアプリなんかもだいたい決まってきて、スマホそのものの「型」みたいなのもたいして変わらなくなってるからでしょうか。

個人的な熱量みたいなものは、ここ数年で萎えてきたものでもないので、さほど変わりませんし。

機種変してもただ単に、環境を再現するだけだからってことでしょうね。

いろいろできるようになるぞってより、不便にならないようにって感じ。

なんつーかやはり、物質的な豊かさってのは頭打ちになリますよね。

お金のためにバリバリ働くよりも、ゆとりある時間の方が大切に思うようになるし、食べものだって、おいしいものが安く食べられるようになったけど、しょっちゅう食べてりゃすぐ当たり前になって、惰性で食べるようになるし。

いかに自分を律して生きられるか。

世に溢れる安易な「楽」にそのまま乗っかって生きてたら、そりゃ体も心もおかしくなりますって。

「なんか調子悪い」なんて、ほとんどが現代の生活習慣でしょう。

満員電車に毎日ゆられて、一日中座ってパソコン画面と向かい合って、休憩時間はスマホいじりながらコンビニ飯食って、ってそんな生活して健康でいられる方が奇跡ですよ。

べつにコレ、自戒を込めて言ってることで、自分はできてるってことじゃないですからね。

おかしな現代の常識を避けて、欲望のまま「楽」に向かわない。

生き物としての人間らしいバランスを自分でとろうとしていかなきゃ、本当にマズいですよ。


あら、あらら!

ただ、スマホの機種変面倒臭いな~って話だったんですけど、すっかりマジメな話になっちゃってスミマセン!!

どうにもこうにも根がマジメなんですかねぇ。

ほっとくとすぐ現代社会を斬っちゃいましてね。。

これからは、できる限りどうでもいい日記になるように気をつけますから!

じゃ、おやすむ~!!

なんでもかんでも日刊にしないでくれ

どうも、鈴木やすむです。

きらいじゃないですよ、ネットニュースとか見るの。

ツイッター眺めるのも、はてなブログ読むのも。

知らないよりは知ってる方がいいことの方が多いし、それを受けて自分はこう思うとか、頭の体操にもなるし。

でもね、みんながんばりすぎですって。

ブログ記事なんて、面白い人いっぱいいるんだから、それぞれ週イチでいいんですよ。

月曜日はこのブログ、火曜日はこのブログって、こっちで選びますから。

その方が満足度高いですよ。

毎日じゃありがたみもなくなるし、面白くたって読むの大変になるし。

「面白いブログ見つけちゃったら読むの大変になるからヤダ」って、どんな心理なんですか一体。

なんでも過多なんですよ。

なんでも過多。※気に入ったので二回

ツイッターだってそう。

いっぱいいる頭のいい人たちが、頭のいい140文字を一日に何度も何度もツイートしてくるんですよ。

「そらオレなんてココ(社会の底辺)にいるわ・・」ってなるでしょ?!

毎日とかリアルタイムってのは、知らず知らずのうちに、競争意識やら比較を生みだしますよね。

ネットニュースは、入ってくる情報量をパーセンテージで調整できたりってどうですかね。

まぁでもそうすると欲しい情報逃してるみたいなことにもなりますしねぇ。

結局は自制するしかないんでしょうけど、今の世の中で情報遮断してたら墓穴掘るのはこっちなんですから。

なんだかホントに毎日毎日、絶え間なく情報にさらされて、おじさんはくたびれています。

その上に、毎日ムリしてブログ更新なんてカンベンして下さいよ。

一週間に一度のジャンプとか、ごっつええ感じを楽しみにしてるぐらいがちょうどよかったんですって。

ダンス甲子園元気が出るテレビ)とか、一週間楽しみな気分で過ごしてるみたいな感覚ありませんでした??

自然となにかを楽しみに過ごしてるって、とってもステキな時間の過ごし方じゃあーりませんか??

なんだかとりとめもなくスミマセンね。

べつに今に始まったことでなく、定期的にこんな気持ちになるので、いっぺん開放しとこうかなと。


ましかし、こんなもんは旧世代の憂いでしかないんでしょうねぇ。。

じゃ、おやすむ。

私の「一年以上続いた仕事と続かなかった仕事」

どうも、鈴木やすむです。

ビルの受付係になって一年が過ぎました。

一年続いた仕事ってどれくらいあるかなと、続いた理由とともに振り返ってみる。

 

◆テレビのAD…1年ちょい【二十歳前後】

やることないのに帰らせてもらえないとか、エビアンないから他の水買ってったら「エビアンじゃないじゃん?」ってマジ面で迫られるとか、「昼買いに行きますけど何か買ってきますか?」って聞いて「シーン」って聞こえるぐらい完全無視されたあと、戻った直後に別の仲良しのADに「昼買ってきてくんね?」って頼んでるディレクターとか、理不尽体験満載だったけど、なんだかんだ刺激的で面白かった。

◆銀座のビル警備…1年ちょい【二十代前半】

商業施設の警備で、当時は24時間勤務がお得な気がしていた。ハッ○リさんはGAP(の売り場の床)、カ○ヤマさんは従業員食堂、とか、各自お気に入りの場所で仮眠という雑なルールが懐かしい。

◆バッティングセンター店員…2~3年【二十代半ば】

2名体制が気楽だったのと、ヒマな時にバッティングができたので。

◆カフェ自営(高円寺)…3年【二十代後半】

続いたというより、途中から、深夜に(この下の項の)カプセルホテルバイトを掛け持ちしてなんとか3年続けたけど廃業。

◆池袋のカプセルホテルの受付…1〜2年【二十代後半】

みんな「絶対コイツだ・・」という空気をものともしない、女性従業員着替え盗撮疑惑の副支配人とか、家のない人(カプセルホテルが勤務先であり住居)とか、○クチさんがチェックアウトの忙しい時を狙ってウンコに行くので「チェックアウトの時にウンコに行くのやめてもらえませんか?」って言ったら殴られたりとか、クズだらけだったけど(だったから?)居心地のいい職場でした。

◆製造業の品質管7〜8年【三十代前半〜後半】

製造員で入社してすぐに機械でケガをして、移った品質管理部がヒジョーに楽だった。にしても、(何を得ることもなく)8年も勤めたのが不思議でならない。

ちなみに、この時の職場のことを書いたコラムがテレビブロスに二週続けて載りました。

 

suzukiblog.com

 


で、今のビルの受付係。


一年続かなかった仕事はどうだろうか。続かなかった理由とともに振り返ろう。

 

◆知り合いの大工さん見習い【十代後半】

大工さんと会話が続かないのと、給料の安さ。たしか週6で10万とか。

ミニストップ深夜【十代後半】

はじめから(Tシャツ屋開業のために)100万貯めたらやめる予定だった。

◆死体Tシャツ屋【十代後半】

原宿の竹下通りを抜けた辺りで“死体と奇形と殺人鬼”の Tシャツ屋を開業。店舗契約じゃなかったのにお店やってたのがバレて、3ヶ月で廃業。

◆清掃(ビルとか深夜のマックとか3〜4種)【主に二十代】

チームでやるやつは人に馴染めず、一人のやつは悲しみがこみ上げて続かず。

パン工場でパンのケース運び【二十代前半】

ハードすぎ。「時給1000円の仕事じゃない」と吐き捨て、一週間でやめた。

◆道路のライン引き【二十代前半】

フランクなノリに馴染めず。

◆郵便局の仕分け【二十代半ば】

「尾崎(豊)好き?」って聞かれたので。

◆合鍵屋【三十代前半】

社長令嬢が常に2階から監視カメラ映像を監視していて、「今の客はなんで帰ったの?!」などと詰問される○ガワさん(年下の先輩)を見ているのがツラくなって。

◆カフェ自営(北千住)【三十代後半】

朝5時開店の夕方4時閉店だったため。

◆ウェブマーケティング会社【三十代後半】

社長が自称アスペルガー症候群で、(すぐそばからの)スカイプでの問いかけに気づかないでいると(すぐそばで)ブチ切れるため。

◆足立区の工場作業【三十代後半】

激激ハード&(続く人はほとんどいないようで)「どうせやめるヤツと話すことはない」感。そこの皆さんの予想通り二日で撤退。

 


以上のように、振り返ってみると、ただ涙が溢れますね。

もっといろいろ書きたくなってきましたが、涙でにじんでかけないので終わります。

あなたの「一年以上続いた仕事と続かなかった仕事」もぜひ聞かせて下さい。


じゃ、おやすむ。。