私の体調

中年男性の日々の体調が丸わかり!

最近マジっぽいことしか言えなくなってる自分がしんどい《日記#042》

2020年8月5日(水)

不意にこんなツイートを漏らした。

すると、いついかなる時も華麗にスルーを決め込んで頂いているフォロワーの方々から、ポンポン、ポン、おまけにポン、といいねがついた(あぁ、4つだ)。

励ましというよりは、共感かなと思った。

いやホントね、結局マジっぽく語ることになりますけど、やっぱ世の中に引っ張られるんですよね、人間。

世の中にある程度満足して、ある程度安心して、ある程度健康で、ある程度余裕がなけりゃ、手放しで下らないことなんかそうそうできないんですよ。

いつも心のどっかになにかしらが引っかかって。

ましてオッサン、まして人の親ともなれば。

そんなんを思うとホントこの、日本のバランスって(国からすれば)うまいことコントロールされてきちゃったよなぁとか思うんです。

ギリギリ食える労働というルーティーンで日々を埋められ、必要なものやサービスは適度に手に入り、娯楽はどんどん手軽になる上に質が上がり。

SNSでは、眩しい人やらはたまた無数の同類に心をかき回され。

楽なこと、おいしいものはやめられず、そこそこに不調を抱え活力奪われ、活かさず殺さずでゾンビ長寿国。

さて、こういうのはやめましょう。

つっても、こんなんしか出てこないんですよね、こんな世の中じゃ。

言いたいことも言う気力を奪われるこんな世の中じゃ♪って、反町も字余りになっちゃってね。

今日だって、「日本列島は中国大陸の端っこが引きちぎられてできた島なんだよ」って、ちょい前にNHKで見たやつを私が娘に話してたら、愛する妻から適当なことを子どもに教えるな的に突っかかられて、私は私で「30年も前に学校で習ったことだけを信じ続けて、愛する夫のトリビアを確かめもせず否定しにかかるなんてそこら辺のババアと同じだ」と朝から、愛する妻とそこら辺のババアを罵倒するだけの不毛な口論に発展したりとか。

朝の話なので実際まだこんなとこに書けるほどにほとぼりが冷めているワケではないのだが、楽しい日々、明るい未来を誓い合った二人が、これほどの些細なことでお互いに気分の悪い時間を過ごさなければならないのも、こんな世の中だからに決まっている。

www.nhk.jpいやでも実は、地道な生活習慣の改善で、心身ともにかなり調子はよくなってきてはいるんですわ。

ここんとこは、もうちょいメンタルが上向きで安定してくれるといいなってぐらいで。

だいたい、私が健康健康言ってるのは、世の中がどうあろうとも、活き活きと自分の人生を生きるためであって、ひとまずそこにたどり着けたら、また改めてなんかしらできるんじゃねえかなって思ってるワケです。

もうひと息。

掃除のクソブタに腹を立てるだけの毎日で終われないっつーの。

なんだか独り言に着地。

では。

suzukiyasumu.hatenablog.com

ツイッターフォローやめました。

f:id:suzukiyasumu:20200804050853j:plain
この度、ツイッターのフォローをすべて解除して、フォロー数ゼロにしました。

いやべつにカッコつけたワケでなくて、思うところがあるので書いておきます。

Twitterのフォローをゼロにしました

まずなにより言っておかなきゃいけないのは、相互フォローの方々本当に申し訳ありません。

特に、私からフォローしてフォローを返してくれた方のフォローをこちらから外すのは、私のツイッターマナー上、本来すべきでないことと考えており非常に心苦しい限りです。

そんなことで、皆さんもちろん私へのフォローは外しちゃって下さいませ。

「フォローしようかな」→「フォロー返してくれるかな?」がイヤだった

ツイッターをある程度ちゃんと使うようになって、2~3年ほどでしょうか。

基本的には「ブログのアクセスアップ」というのが私のツイッターアカウントの主目的であったため(※今は、テレビやネットニュース以外の情報源だったり、いろんな反応を体感するためってのが大きくなってますハイ)、日頃からどうしたらフォロワーが増やせるかを気にしていました。

ツイッターを健全に利用しつつ反応を得て、地道にフォロワーを増やしていく方法を自分なりに編み出したり。

suzukiblog.com

※フォロワー増はあくまで副産物ですが、ツイッター利用時間の長い人には有用な方法だと思います。

相互フォローしまっせでフォロワーを集めるってのは、個人的にあまり楽しくない(タイムラインが雑多になりすぎる。とはいえ相互フォローしてミュートなんつー不毛な作業は避けたい)し、かといってツイッターに張りついていられる時間もタフさもない。

まぁそれでフォロワー増なんて、土台ムリな話なんですよね。

そんな状況でフォロワー数を求めてると、自分がフォローしようとする時に、フォローを返してくれるかどうかをまず気にしちゃうワケです。

楽しくないですね~。

Twitterの大前提「フォロー数フォロワー数」のシステムに疑問が浮かぶ

そんなんをなんとなく抱えつつコロナ生活に突入。

コロナ怖い、コロナやっつけろから、あいつがマスクしてない、自粛してない、お前の触ったもんが食えるか。

私の知り得た情報からの理解と、世の中の大半の理解や行動がだいぶ違う。

特に気になるのが、自粛警察に見られるような、元々なんの関係性もない人間同士のいさかいや、他人とかかわる前にまず疑うところから入る、みたいな風潮。

んで、ふと思ったの。

ツイッターの「フォロー数とフォロワー数」のシステムって、なんか通じるとこないかい?って。

なんの関係性もない人間同士が、まず値踏みし合うのが前提やん?

あーコレだわって。

なんかもう、ず~っと気持ち悪かったのコレだわって。

フォロー数フォロワー数が目につくように表示されていればどうしたって見ちゃうし、その数字からなにかしらの先入観を植え付けられちゃう。

このシステムに乗っかりたくないわと(※とはいえツールとしては都合よく利用したい)。

もうひとつの理由はグーグル検索の変化

並行して、グーグル検索の変化も今回の判断の大きな要因になってます。

suzukiyasumu.hatenablog.com

肩書きも専門性も戦略もない個人ブログが、多くの人の目に触れる機会はなくなったようなものです。

たとえわずかでも求めている人に届かせるためのツールとしてツイッターを使えないかなと。

ツイッター検索なら「今」必要な人に届くかも

利用する側としても、ピンポイントで本当っぽいことや今起きている現実を知りたい時には、ツイッター検索の方が求める情報をサクッと得られる感じがあります。

原因不明の慢性症状とか、コロナとか政治とか、ってことは、私の残してきた情報ってのも、適切なキーワードとともに定期的にツイートすれば、その時その時で「今」必要な人の目に触れる機会が作れるワケです。

まぁかんたんに言えばBot的なアカウントになるってことでしょうか。

いやでも情報のみってのも退屈だし、味気なさすぎるのもどうかなと思うので、やりながらバランスとっていく感じになります。

となると気になるのが、同じ記事をツイートすることが多くなって、フォロワーさんのタイムラインを汚してしまうこと。

そんなんもあり、こっちがフォロー外せば気にせずフォロー外してもらえる状況が作れるなってのもあっての今回の判断であります。

フォロー数ゼロの理由を箇条書きにしたら2行で終わった

  • ・フォロー数フォロワー数という、(元々関係性のない)人間同士の価値のつけ合いがイヤになった
  • ・個人(特に自分)の情報発信には、グーグル検索よりもツイッター検索の方が求める人に届く可能性が高い

軽くまとめてみようかなと箇条書きにしてみたら、2行で終わりました。。

長々とすみません。

これからは「リスト」で皆さんのツイート見ますよ

ここまでの感じだと、フォロー数ゼロにして記事のツイートするだけのBot的アカウントへの移行って感じですが、ちょっと違います。

「リスト」って機能使ってます?

リストに追加したアカウントのツイートは、そのリスト(非公開でカテゴリーごとに分けたりできる)のタイムラインに表示されるので、フォローしてるしてない関係なく自分の興味に合わせたタイムラインにできます。

Twitterのリストの使い方まとめ

まぁでも今後完全にリストのみとなると、カテゴリーいらないかもしれません。

たまーにでもコミュニケーションとってた人とか、普通に見ときたいアカウントとかリストにバリバリ入れてますんで、要するに「フォロー数やフォローしてるアカウントを見えなくしてフォローしてる」って感じ。

これからこの使い方してみてなにかしら不都合が出てきたり、先々状況や考えが変わることもモチロンあるだろうし、そしたら使い方もまた変わるかもしれません。

とりあえず、この半年ぐらいけっこうダラダラと考えた結果でして、一応ちゃんと皆さんに伝えておきたいなと。

改めまして、フォロワーの皆々様、特にフォローバックしてくれた方、本当に申し訳ございませんが、(リストにて)今後ともよろしくお願いします!!

 

死の夢を2日連続で見た《日記#041》

2020年8月3日(月)

公園のいろんなところに死体が転がっている夢を見た。

軽く解体されてたりして、人の手によって殺されてる感じの死体が7~8体ほど。

ただそんな光景を覚えている。

その前の日はこんな夢。

友人との会話の中で「だから兄ちゃんも死んじゃったんじゃないの?」と言われて、「そっか、あいつ自殺しちゃったんだっけ・・・」って、何日か前に兄が自殺してしまったことを思い出す。というやりとりの夢。

もちろん兄は生きています。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 おいおい、誰か死ぬんだろうか??

ところで、たつき諒って元漫画家さんの「私が見た未来」って知ってます?

予知夢で東日本大震災を予知してたのが(もちろんそれより前に)漫画になってるの。

www.n-manga.com

来年8月に富士山噴火ですって。

なんだかフシギな感じの人っぽくて、「見ちゃったんだからしょうがないでしょ」的なノリなのが、本当にそうなりそうな気にさせられるんですよね。。

超能力板のスレッド | itest.5ch.net

私の夢が、「やすむが見た未来」になりませんように。。

 

追記

なんつってたら、たつきさんの公式ツイッターアカウントからリアクションが!

記事内のリンクは不正確な情報が多いそうで、下記リンクが公式情報とのことです。

fusitan.net

「自転車は車道」を決めたのはビル・ゲイツかもしれない


安全第一でない「自転車は車道」の道路交通法

疑問を感じる法律がある。

「自転車は車道を走る」という道路交通法だ。

車道 | 自転車の道路交通法(交通ルール)

自転車は、歩道等と車道の区別のある道路においては、基本的に車道を通らなければならない。

「安全第一」が交通ルールの最優先事項だと私は理解している。

シンプルに考えて、「車道を走る自転車」よりも、「歩道を走る自転車」の方がはるかに安全ではないだろうか。

事故にあう確率、事故にあった時に死ぬ(or重症の)確率が、車道の方が高いことぐらい数字を示さずとも明らかだ。

自転車の運転者自身のことだけを考えてもそうだし、車の立場からしてもヒジョーに危なっかしくて神経を使う。

あぁ、私だってドライバーの端くれでもあるのだ。

軽くぶつかっただけでも、死なれちゃったら自転車の方は天国行き、車の方はブタ箱行き。

自転車が地獄行きならなお不幸だ。

いずれにせよ、どちらにとっても人生の大惨事である。

一方、歩行者と自転車の接触で死ぬってそうそうないだろう。

「ヨワ度」と「分類」の問題

そもそもなんでこんなルールが「国の法律」としてまかり通るのだろうか。

最弱者である歩行者を尊重するという点では一見適切なルールのようだが、ここまで書いてきた通り、それが「安全第一」でないことがこの問題の核心である。

弱い順に並べると、歩行者、自転車、車の順になる。

気をつけたいのが、「ヨワ度」と「分類」の問題だ。

5段階でヨワ度をつけると、歩行者が最も弱くて【5】、車が最も安全で【1】、自転車は歩行者に次いで弱い【4】だろう。

ここでそれぞれに応じたルールを作ればよいのだが、そうなっていないところで歪みが生じる(※現実的に難しいのは理解するが、現状のルールで通すなら自転車専用レーンにもガードレールを設けるべきではないだろうか)。

自転車は車と同じ「車両」というムチャな分類

そこに「分類」の問題が重なる。

歩行者、自転車、車(&バイク。まぁエンジン積んでるのでここでは同じ扱い)という、代表的な3つの移動手段を、大きく「歩行者」と「車両」という2つに分類している。

安全が基準なら、ヨワ度【5】の歩行者と、ヨワ度【4】の自転車が同じひとつの分類になり、ヨワ度【1】の車がもう一方の分類になる。

ところが、基準を「安全」でなく「機能」で括ってしまい、タイヤがあるから車と自転車は「車両」、なんもないから「歩行者」と、理にかなわない(安全以外の都合がありそうな)2つの分類をまず作ってしまった。

このムチャな分類がすべての元凶といっても過言ではない。

分類が分かりやすい記事↓

ameblo.jp

自転車の「車両」扱いで、ヨワ度【5】の歩行者は守られるが、ヨワ度【4】の自転車はむしろ危険に晒されるし、車の方も事故の危険が増す。

歩行者だけが過剰に守られる

自転車は、危険に晒されながら「法律を守ってるだけ」だと、いつでも気持ちキレ気味で車道を走り、車は「危ねえな~!」と車内で怒鳴り「ながら運転」。

怒りが怒りを生む負のスパイラルだ。

私は、歩行者であり、自転者(じてんしゃ)であり、車者(しゃしゃ)でもあるが(突然おかしなこと言ってすまない)、単純な話、歩行者だけが守られすぎなのである。

きっと、腹立つ顔のババアが「すごいスピードの自転車が急に近くを通って怖かったわ~」とか、勝手にビックリして言うんだろう。

そんなビックリババアを守るために他のみんなが命の危険に晒されるのが、「自転車は車道を走る」という謎の法律だ。

丁寧に書いてきたが、最後になって感情が漏れ出してしまったことをお詫びするだけしておく。

(※とここまで書いて、センセーショナルな今のタイトルを思いついたので、その思いつきに沿ってセンセーショナルに書き足したのが以下の文章である)

 「人類削減計画」でおなじみのビル・ゲイツが「自転車は車道」を決めたのではないだろうか

それにしてもなぜ、こんな危険な法律がまかり通るのだろう。

ビックリババアのみに安らぎを与え、それ以外の人類の精神をすり減らし、命を奪うことが目的かのような法律が・・・。

人類の命を奪う?生命が減っていく??

ムム・・・、ムムム。。

これはまさか、今やMicrosoftというより「人類削減計画」でおなじみのビル・ゲイツによる「車道の自転車轢き殺し計画」なのではないだろうか!?

satehate.exblog.jp

となるとビックリババアは、全人類にマイクロ管理チップ入りワクチンを打とうとしてるのに我が子にはワクチンを打たせないビル・ゲイツの親戚なのかもしれない。

そんなワケで、近頃オカルトも都市伝説も真実と紙一重というか、オカルトと見せかけて恐ろしい真実が着々と進行しているような、そんな世の中になっている気がする。

いや、そんな世の中であることに気づかされ始めたという感じか。

オカルトを鼻で笑う時代は終わった。と、最近急に思っている。

【脱Google依存】無料代替サービス・アプリにできる範囲で乗り換えてみた【後編】2020年版

f:id:suzukiyasumu:20200728120242j:plain

続きです。

suzukiyasumu.hatenablog.com

Google連絡帳はグーグルアカウントにログインせずに使う

なんか、思えばケータイの電話帳あたりから、便利と引き換えに個人情報を垂れ流し始めた気がしますね。。

クラウドという概念が一般化し始めた頃というか。

その、クラウドで電話帳データを管理するのをやっぱりやめて、ガラケーの時に戻す感じです。

実際のところ、主な連絡手段はLINEに移行してるでしょうから、この機会に整理してみるとほぼ必要ない(っつーかむしろ知り続けていたくない)連絡先ばかりだったりします。

だいたいのやり方はこんな感じでしょうか。

novlog.me

要は、vfcファイルをSDカードに入れておいてそのデータを参照するようにしとけばいいと。

そうすれば、Google連絡帳だろうと他の電話帳アプリだろうと、ガワだけのことであまり気にする必要はないかなと。

Googleフォトはあえて容量5GBのOneDriveに移行

GoogleフォトにしてもGoogleドライブにしても、いわゆるオンラインストレージってのは、容量と利便性と安定感とか、目的がシンプルな割に意外と選ぶの大変。

なので私はまず、「パシャパシャ撮ってポンポン保存」っていう現代のストレスフリーな環境を自制しようかなと。

まずは気軽に撮らない。

不要になればすぐ消す。

子どもの写真はすぐにベストショットの選別をする。

この辺を意識するだけで、かなり容量を抑えられるし、後々の探し物(意外とこれが一番大変)が楽になることでしょう。

そんな感じで私の場合、OneDriveスマホ画像専用にしました。

Windows10で使いやすいのと、自分へのカセとしての少なめ容量5GB、あと意外と重要なのが、サービスを維持し続けてくれそうな安心感。

私、NドライブってNAVERのサービスが休止になり、Yahooバックアップがなんだか忘れたけどサービスの縮小的なことになりって、けっこうイチイチ面倒だったので(※どっちも容量重視で使い勝手はイマイチでしたね)。

ちなみに、Dropboxは(無料2GBしかないので)テキストファイル専用、その他、ずーっと昔からのPCデータとか、過去機種の画像とか、ほぼ保存だけが目的みたいなものは、クラウドに頼らず外付けHDとCD-Rとかふたつの記録メディアに保存しとくようにしてます。

選択肢はけっこうあるので、容量で選ぶより用途別に使い分けるのがオススメです。

tokusengai.com

こんな私でも軽く揺らいだサービスがひとつだけ。

Amazonプライム会員なら、圧縮なしの画像データを無制限で保存できるんですと!

www.amazon.co.jp

プライム会員だけど、今回調べて初めて知りましたよ。

しかし私は踏みとどまりました。

Amazonのヤツそれだけそのデータ欲しいんだなと、そのデータがなにかしらに利用されるんだろうなと。

すでに、名前住所、長期間の購買データを握られているGAFAの一角だけに用心しとこうと。

正直、子どもがいなけりゃ使ってましたけどね。

子どもがいたらほとんどは子どもの写真ですから、私個人のプライバシーの範囲を大きく越えちゃうので。

だって、先々子どもの顔データがどんなことに使われるか分かりませんから。

ってそうなると、なんでもできちゃう巨大企業に画像データ預けるのは避けた方がいいのかもしれません。。

改めて他のストレージサービスも確認してみます。。

Google日本語入力よりよかったsimeji

スマホの日本語入力ソフトはsimeji一択でいいと思います。

カッコを使う時にカーソルがカッコの中に移動するのとか、英語入力のキーボードにスペースがあるのとか、単語登録もしやすいし、なにかとキメ細かくて、多分私が気づいてないだけでもっとかゆいところに手が届いているんではないかと思います。

あくまで私の短期間かつ浅い利用法の範囲で、使用感で明らかにグーグルを上回るのは今回の代替サービスの中で唯一かもしれません。

Googleアラートの唯一の代替は「Talkwalker Alerts」

指定したキーワードの新着記事一覧をメールしてくれるサービス。

ニュースサイトやSNSで見かけないような記事があったりして、このまま使おうかなと思ってたんですが、一個だけ使える代替が見つかりました。

Talkwalker Alerts

Googleアラートより記事のチョイスが雑ではありますが、それこそグーグルのさじ加減から逃れる意味でも、こっちでいいやと。

かんたんな使い方はこちらをどうぞ。

kenz0.s201.xrea.com

クラウドメモアプリGoogle keepの代替はsimplenote

Google keepって使ってます?

シンプルなクラウドメモアプリです。

Evernoteのテキストだけ版みたいな。

これがなかなか使いやすくて、ブログの下書きメインで使ってたんですが、けっこうあっさりと同じくらいいの見つけました。

simplenoteってやつです。

スマホアプリ&ブラウザでも使えてどっちからでも使いやすい。

ブログの下書きはもちろん、ちょっとしたお買い物リストとかアイデアメモとか、気軽に使えます。

が、たまーに同期があやしい時があるので、それこそあまり依存しすぎないように、時々テキストファイルとしてバックアップしておきましょう。

使い方はこちらを参考にどうぞ。

korenasorena.com

Dropbox使ってる人は「Paper」という機能も大変よさげですので試してみては。

機能がいろいろあるっぽいですが、シンプルに使う前提ならややこしいこともないかと。

www.too.com

Googleマップは使うしかない

ペーパードライバーを脱して、レンタカーでお出かけするようになって以降、まぁ~重宝してます。

suzukiyasumu.hatenablog.com

地図に付随する情報が、感覚的な操作やキーワードor音声でサクサク出てくるってのは、Yahooマップ、マピオン、ゼンリン、それぞれ軽く試しましたが、トータルで代わりになり得るアプリが現時点ではなさそうです。

まだ車でなければ他のアプリでもいいかもしれませんが、やっぱり出先で周辺をざっくり知って、かつそれなりによさげなスポットを選びたいって時のフットワークの軽さみたいなところは敵わない感じです。

なので、せめてグーグルアカウントにログインせずに使うとか、自宅住所を具体的に入力しないようにするとか、ささやかでもデータを渡さない努力をしつつ使います。

ブログ関連も脱Googleしてしまおう

私はこのように、ブログをやってたりします。

すると、グーグルアドセンスだとか、アナリティクス、サーチコンソールは、必須サービスみたいなもんなワケです。

でももうね、グーグルに疑念を抱いてこんな記事を書いてるとなると、あんまり必要ないですよね。

そもそも私ぐらいの利益もクソもない、お金のために頑張りきれないタイプの人間にとっては、完全に過剰サービスですし。

むしろ、「アドセンスもアナリティクスもサーチコンソールも入れてません」の方がこれからの時代信用されるんじゃないかなぐらいの。

誰も見てなくてもネ!

アドセンスやめて、もしもアフィリエイトとiHarbアフィリエイト

アナリティクス、サーチコンソールやめて、Jetpack

こんなもんでいいです、私は。

ってまぁ、最近やっとひと通り落ち着いてきたとこなので、もうちょいしたらやります。

余談。グーグルの目指すものはなんなんだろうか?

最後にもうちょっとだけ余計なことを書いて終わります。

なんとなくグーグルに感じる「支配」に気持ち悪さを感じてのこんな記事なワケですが、ただ「支配したい」という欲求だけで、ここまで野心的に突き進めるんだろうか?っていう、またちょっと疑問が浮かんだんです。

んでボーッと考えててちょっと思ったのは、「新しい人間」を作ろうとしてるんではないかなって。

そのために、あらゆる人間のあらゆるデータがほしい、みたいな。

ガワは機械で中身に精神をブチ込んでずーっと生きてられるのか、まったく人間と同じものを目指すのか、人間とコンピューターの境目をなくすようなことなのか、なんだかは分かりませんけど、とにかくまぁ、人類の歴史を変える(終わらせる!?)ようななにかを目指してるんじゃねーかなと。

なんかそういう、ひとまずのどデカいゴール設定がなければ、全世界をカメラ付きの車で走って画像でウェブ上に地図作ろうなんて、思ったとしても実行できない気がするんですよ。

まぁとにかくなんだかは分かりませんけど、手放しで喜べないような人類の進化にかかわるなにかしらを目指してるんではないかなーと、勝手に想像している私なのでした~。

【脱Google依存】無料代替サービス・アプリにできる範囲で乗り換えてみた【前編】2020年版

f:id:suzukiyasumu:20200728120219j:plain

グーグル検索の変化をきっかけに、グーグルのサービス全体になんだかキナ臭さを感じるようになりました。

suzukiyasumu.hatenablog.com

グーグル検索の変化で「Googleの支配」を感じ始めた

たいがいのウェブサービスは、まずグーグルから試してみてイマイチなら他ってパターンがいつからか出来上がっていて、気がつけば意図せずグーグル依存みたいな状態になっていることに、改めて気づかされました。

なんつーか、依存してることにも気づかないぐらいのナチュラルさね。

だってやっぱ使いやすいから。

グーグルのサービスが本当に「ユーザーファースト」だと感じられるのであれば、個人情報どうこうも納得の上で使い続けるという選択もありますが、ユーザーのためになるとは思えない検索結果の変化を実感し、「一企業が世界をコントロールできてしまう不安」を感じてしまった以上、知らず知らず陥ってきたグーグル依存からの脱却を目指すほかありません。

全然ありえるGoogle有料化への備えとして

当たり前に無料で使ってますが、有料化の可能性も全然あります。

japanese.engadget.com

「必要不可欠で替えが効かない」状態になるのを見計らって順次有料化されたとしたら、なかなか困りません??

ちなみに今回の脱Googleで、有料化しても使い続けるしかないかなと思ったアプリは「Googleマップ」ぐらいでした。

それ以外は代替アプリでだいたいどうにかなります(決まった…)。

とはいえ、グーグルが有料化し出したら追随する企業も出てくるでしょうし、まぁその辺は、無料サービスがいつからか当たり前になってしまっている「都合のいい常識」を見直す時なのかもしれません。

グーグルアカウントで情報の断片が「一人の人間のデータ」になる

まずなにより意識しておきたいのが、「グーグルアカウント」によって、グーグルのすべてのサービスを横断的に利用できるということ。

使う方も便利ですが、これによって、基本的にサービス(アプリ)ごとに、情報の断片として渡してきたひとつひとつの個人情報が、使えば使うほど「より具体的な一人の人間のデータ」として形作られていくワケです(※メールの内容とか画像データとか、守られてるとされてますが、こんだけ無料で使い倒しててそれはないんでないかなと個人的には思ってます)。

あと、(ほとんど意識することなく)基本的にログインしっぱなしってのもコワいんですよね。

特定のアカウントの行動としてすべて追えちゃう状態ですから。

あとは、「グーグルアカウントでログインする」って、グーグル以外のいろんなサービスでやっちゃうのも(※私はなんかイヤでそれやらないようにしてました)。

極論、イヤなら使うなで終わる話ですけども、今の世でインターネットを利用しながらグーグルのサービスを完全シャットアウトするってのは、なかなか非現実的。

なので、たとえば「画像データと住所を一緒に握られるのは気持ち悪いな」とか、「これじゃほぼオレ特定されるやん」みたいのを意識しつつ、できるだけ不便にならないように、代替サービスに移行できるものはしてみようや、ってな感じの方針で進めて参ります。

もちろん全部無料で。

とあと、スマホAndroidでパソコンはWindows10なので、それ前提になってますが、昨今たいがいMacもWinもiosAndroidも関係なくいけるでしょう(多分!)。

とあとあと、私が使ってないグーグルのサービスについてはなんも言いませんので。

グーグル検索の代替はBingしかない。けど必要充分

調べてみると、まずDuckDuckGoというプライバシー配慮が売りの検索エンジンがよく出てきます。

pecopla.net

ちょっと使ってみたところ、なんとなく物足りないような、情報が古いような、そんなこともないような。

でもまぁ、他の選択肢も見てみましょう。

ご存知の方も多いとは思いますが、Yahoo!検索はグーグルの技術を使ってて、グーグルとほぼ同じ検索結果のすき間にチョコチョコYahoo!ニュースとかヤフー絡みのコンテンツが入り込むだけっぽいです。

www.leadplus.net

おそらくデータはグーグルに渡っていると思いましょう。

あとは、一応のシェア2位「Bing」ぐらい。

使ってみると別段違和感もなく、これでいいやって感じです。

まぁなんでしょう、個人的に検索行為そのものへの依存度がひと昔前より低くなってるような気もします。

suzukiyasumu.hatenablog.com

検索に関しては、クローム以外のブラウザでグーグルアカウントにログインせずに使えば、渡るデータはそれこそ断片な気がするので、なんならグーグル検索でもいいのかもしれません。

chrome代わりのブラウザは色々ある。私はVivaldiOpera

私は元々、クロームOperaを併用してて、どちらもスマホと同期させてました。

Opera - Wikipedia

中国企業の手に渡ってから(元々ノルウェー)どうなんだみたいな話もあるみたいですが。

パソコン(Windows10)ではクロームメイン、スマホではOperaメインな感じ。

Operaはそのまま使うとして、クロームの代替に、Vivaldiというブラウザを使うことにしました。

jp.vivaldi.net

プライバシーへの配慮、PCスマホ同期がすんなりできた、PCスマホとも使い勝手がよい(これが意外とない)、メモ機能がいい、そんな理由です。

特にプライバシー重視なら、前述のDuckDuckGoのブラウザ版、Torブラウザ(※匿名性の高さ故にむしろ悪用されちゃうんですと)あたりが代表的なもののようです。

 

セキュリティ・プライバシー重視のブラウザー | カスペルスキー公式ブログ

もっとも安全で安心できるおすすめのブラウザ4選 | ライフハッカー[日本版]

2020 年、最も安全なブラウザ

 

それ以外にも、BraveSRWare IronEpic Privacy Browsercomodo dragonなどなど、トータルでしっかりしてそうなブラウザはけっこうたくさんあるので、入れてみて使いやすさで選べばいいかなと。

しかしまぁそういう主旨なんでプライバシープライバシー言ってますけど、検索履歴とか気持ち悪さがある反面、不意に役立ったりもするので難しいところですよね。

Gmailの代替はProtonmailかTutanota

メールに関しては、相当に具体的な各種情報が含まれるものですので、他のなによりプライバシー重視でいきましょう。

スイスのProtonmail(プロトンメール)か、ドイツのTutanota(トゥータノータ)のどちらかがいいんじゃないでしょうか。

機能的にはどちらも大変シンプルです。

free.arinco.org

Tutanotaを見つけた時には、Protonmailに落ち着きかけていたので、Tutanotaは使わずにそのままProtonmailを使うことにしました。

ロシアのYandexというサービスもアカウント作ったんですが、2~3日したら謎にロックされててやめました。

ロシアのGoogleみたいな雰囲気もあって、むしろなんかコワッてなりました。

MAIL.comというフリーメールも試そうとしましたが、アカウント作成の「ロボットじゃないよね?」みたいな画像選択のとこで、いくらちゃんと選択しても先に進めなくてやめました。

free.arinco.org

メールの場合、過去のメールデータどうするってのもあったり、ちょっと全部書いてると長くなりすぎちゃうのでサクッと。

Gmailのデータは、mboxという形式でしかエクスポートできません。

dime.jp

Googleを進めてみると、Gmailに限らず、データの全削除や移行をイチイチすんなりさせないように作られていることに気がつきます。

私の感じた気持ち悪さが単なる思い込みではないんだろうなと、ミョ~に納得できてしまうというか。

サクッと調べた限り、Outlook(など、汎用的な形式であるCSVファイルとしてエクスポートできるメールクライアント)でGmailの送受信をできるように設定してサーバ内のメールをすべて受信した上でエクスポートすればCSV形式でダウンロードできるようです。

Gmail のデータをエクスポート・インポートすることは可能ですか。 – クラウド コンシェルジュ

と思って進めてみたんですがすんなりできませんで、以下のソフトをダウンロードして、グーグルアカウントからエクスポートしたmbox形式のファイルをeml形式に変換って形でいいやとなりました。

gallery.technet.microsoft.com

メールの入ったフォルダをwindowsの検索窓から検索すれば件名本文のキーワードで拾えるので。

ひとまず不都合の発生確認も兼ねて、まだGmailは残してますが。

なんならこれまでのメールデータは全削除して(orグーグルにくれてやるつもりで)、データ移行についてはあきらめるってのもひとつの判断かもしれません。

とあと、サブメアドなど複数のアカウントで送受信するのには、SPARKというメールアプリ(iphoneMacandroidで使えてwindowsでは使えないという珍しいチョイス)をandroidで使ってまして、なかなかいい感じです。

しかしホント、やること多すぎて「Googleに依存することでこんだけ楽してきたんだな」ってしみじみ思いますよ。

メールソフトに限らずなんならグーグルに限らず、(カスタマイズしたり)あまり便利に使いすぎないことも依存に陥らないコツかもしれません。

とりあえずここまでを【前編】として、また次回にしましょう!

「肘握手会」というアフターコロナの新しい文化が生まれた《日記#040》

f:id:suzukiyasumu:20200722121349j:plain

©日経新聞

今週のお題「2020年上半期」

2020年7月22日(水)

たまには陽気な話題を。

受付に来た新聞の一面の写真。

r.nikkei.com

あら、このご時世にずいぶん楽しそうやん?と思ってよく見てみると、新型コロナで握手ができないから、肘と肘の握手なんですと。

なんだか楽しげでかわいらしくてコミカルなポージングでイイじゃないですか。

流行りそう。

日本人の気質的にも、手と手の握手は抵抗あるって人でもコレなら大丈夫そうだし。

でもアレですね、アイドルヲタの皆さんにとっては、握手会が「肘握手会」になってしまうのは残念かもしれませんけど。

ってゆーか、きっともう握手会という文化そのものが戻ってこないでしょうね。

だとしたらまだ、こうして今ここに「肘握手会」というアフターコロナの新たな文化が生まれたことは大変喜ばしいことではありませんか!

2700の肘のネタとホットヒーヒーも改めて流行るかもしれません!

suzukiyasumu.hatenablog.com

いややっぱりホットヒーヒーが流行るワケありません!


握手会といえば、私も若かりし頃な(コロナ)、言ったことがあるんじゃ(今コロナを使った都合上、お爺さんに変身しました)。

元アイドルヲタなのかと問われれば断じて首を縦には振りませんが、奥菜恵と、吉川ひなのと、(オジさんになって縁を切った友人の推しだった)瀬戸朝香のサイン会的なものに行ったことがあります。

奥菜恵は「ちょっと化粧が濃いな」と思ったのと、吉川ひなのは「激ヤセ外人やん!」と思ったのと、瀬戸朝香は「ガタイいいな!」と思ったのが感想です。

「アイドルと対面する時は宮崎勤死刑記念Tシャツを着て行く」という、自分に課した隠しテーマがあったことを思い出したのでわざわざ言ってみました。

いや、自分で作って売ってたやつ。

東真一郎Tシャツ」もよく着てましたね~。

フォーカスに載った酒鬼薔薇聖斗くんの顔写真をA4を2枚つなげてA3にして前面にでっかくアイロンプリントしたあのやつですって。

14歳だから14枚限定で販売したあのやつ。

そんなのも笑って受け止めてくれるいい時代だったな~。

おしまい。

ハバナイス四連休~!!

「リスク」と「対策」のバランス。「感染=死」のビビり方になってるから【新型コロナウイルス】

シンプルになにが問題なのかなと考えると、「リスク」と「対策」のバランスに行き着いた。

多くの人が恐れているのは「死ぬこと(&重症化)」。

(それこそ『必死』に)避けているのは「感染」。

気にする数字は「感染者数」(率でなく数なのも問題だがひとまず置いとく)。

このズレが、社会全体のズレになっている。

「 感染しないための感染対策」というより、「死なないための感染対策」になっているということ。

「感染」と「死」がごっちゃになって、ごくわずかなリスクに膨大な対策をしてる。

まずは「感染」=「死」ではないことを冷静に見極めよう。

はじめのうち、それこそ志村けんが死んじゃったり、「死」の近さを実感させられたが、それから最近までどんなもんだろう。

日本国内の累計死者数が、ザックリ1000人。

www.asahi.com

この死者数のみが、不確定要素の少ない、そこそこ現実に近い数字です(死因をコロナにするかどうかってとこでコントロールできちゃいますが。。多くの数字が「感染者数」というさらに当てにならない数字を元にしてしまっていることが今につながってる。不確定要素だらけの「検査」が含まれる数字などは特に混乱の元というか)。

死者数を確率にすると、だいたい0.0008%

これだけ並んでれば、ゼロ1個ぐらい多くても少なくてもいいか。

合ってますかね?1億2000万人のうちの1000人。

12万人に1人!ですか??

(※感染率とか重症化率なんかも気にしときたくなりますが、一個前のカッコ内でも言ったように、検査そのものの精度とか、現状検査できるってことは「感染の疑いが濃い」ことが前提であって、日本の全国民の「確率」として相当な誤差のある偏ったサンプルになるので省きます)

社会全体で恐れているコロナによる死の確率は、「0.0008%」で、「12万人に1人」に起こることですから。

雰囲気で勝手に「感染」を「死」につなげないこと。

隙あらば、「感染者数」=「死者数」の勢いでビクビクしちゃう。

そういう本能的な心理に気づくことが重要っつーか。

都市部にいればリスクは上がるにせよ、近所にあれだけお年寄りとか、バリバリに不健康そうな人とか(偏見)がウロウロしてる中で、果たして私やあなたが「ニッポンの12万人に1人」の選ばれし者になれますかね?

学年代表にも選ばれないのに。

にしてもずーっと疑問なんだが、毎日毎日母数の違う実数の増減でアタフタしてるってなんなの。

んで、実際その「雰囲気」で社会の動きが変わっちゃうんだから。

そういうの分ってるくせにニュースでは「感染『数』増えた減った」ばかり。

ますますこういう心配が増しますね。

suzukiyasumu.hatenablog.com

なんならセルフ引用しましょう。

そんな私がここんとこニョキニョキと不安を感じるのが、このまま行くとこの社会は、バカをだましごまかし、バカのゴキゲンをとり、バカの支持を得て、バカ最優先の仕組みを作り上げ、バカを心の中でバカにしながら寄り添い、最終的に爆発するのではないだろうかということ。

さ。

シンプルに知りたいのって、「自分がどれぐらいの確率でコロナで死ぬのか」なんでしょ?多分。

さっきのこれですよね。

0.0008%。

12万人に1人。

ちなみに交通事故で死ぬ確率。

近年の交通事故死者数は毎年だいたい4000人です。人口を1億2000万人とすると、交通事故死の確率はおよそ3万分の1。【「宝くじ1等6億円」確実に当選する方法 「1ユニット」を買い占めればいい | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 】

 3万分の1ってのは、Yahoo!知恵袋によると、0.00333%、だと思います。

3万分の1は何パーセントになりますか? - 0.00333%だと思います… - Yahoo!知恵袋

数字が増えすぎると私の頭が混乱するので、まぁだいたいで、0.003%、だと思いましょう。

引用通り、3万人に1人。

まさにケタ違いの確率で、コロナ死よりも多い。

そしたら、コロナ死の数字をザックリこの半年の累計として、交通事故死数も半分にして半年の数字としましょう、ザックリ。

すると、コロナ死1000人、交通事故死2000人。

交通事故死の半分。

コロナよりはるかに高確率の交通事故死をしないためにやってることって、「信号守って左右を見る」ぐらい。

私ぐらいになると、信号を守らないことだってある。

交通事故死よりはるかに低確率のコロナ死しないためにやってることは、マスク、消毒、外出自粛、ソーシャルディスタンス、リモートワーク、公園図書館プールなど公共施設の閉鎖や利用制限、店舗の営業自粛、入場制限、アクリル板、自粛警察、マスク警察などなど、その他挙げようにも挙げきれないほどの(要請されたり勝手に誰かが作ったりする)これまでにない制約の数々。

そのストレスによる死の確率の方が少なくともコロナ死の確率より高いでしょ。数字にならんけど。

いやホント、冷静に考えましょうよ。

0.0008%のためにやることですか?

でそこで、「いやそれは死の確率だから」とか思っちゃうんでしょ?

それですよ、「感染」は「感染」なので、「死の不安」を「感染」に乗っけないの。

感染対策してない人なんてのも山ほどいて、そんな中で0.0008%の確率でしか死なない。

0.003%の交通事故は額面通り他人事なのに、それよりはるかに低い0.0008%のコロナはなぜか自分事。

「交通事故で死にたくないからずっと家にいる」のは異常だけど、「コロナで死にたくないからずっと家にいる」のは正常。

ふ~ん・・・。

さ、こんなところにしときましょうか。

マスク探してるヒマあったら、「みんなやってるから」で今の生活を続ける必要があるかないかをとにかく自分で調べて、自分で考えて、自分なりに行動に移す方が健全だなと、私は思います。

▼「みんなやってるから」の末路な!

suzukiblog.com

ってなんかホント、(日本国内への影響だけでいいから)絶大な影響力を持つ人がシンプルに冷静に、大衆によい方向の影響を与えるような発信をしてほしい。

以上、ウィルス、いや細菌、、でなくて最近コロナに思うことの頭の整理&吐き出しでした~!

※なお、高校中退のビルの受付係が苦手な「数字」を中心にこしらえた記事となりますよってに、なにかしら重大な間違いが見落とされている可能性があります。要するに言いたいのは「ビビりすぎだろ」ってことですので、その辺はやさしく流して下さるとありがたいです。


ではでは、「国際医療福祉大学高橋泰教授によるとっても冷静な見解」の記事をはりつけておしまいにします。

日本は強力なロックダウンを実施しておらず、新型コロナに暴露した人が欧米より極端に少ないとは考えにくい。むしろ先に述べた「これまで多くの人が新型コロナにすでに感染しているが、自然免疫でほとんどの人が治っている」という仮説に立って、抗体ができる前に治っているので、抗体陽性者が少ないと考えるほうが自然であろう。【新型コロナ、日本で重症化率・死亡率が低いワケ-高橋泰教授が「感染7段階モデル」で見える化】

きっと私も感染者ですし。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 

急性腰痛と「唾が飲み込みづらい」のは多分新型コロナの症状

いやね、5日ぐらい前から、きっかけもなんもなく急に腰が痛くなったんですよ。

普段の坐骨神経痛の鈍い感じのしびれとか痛みでなく。

suzukiblog.com

「イタタタタ」って言いながらじゃないと動けない感じ。

今までなったことのないごく普通っぽい腰痛。

よく分かんないかもしれませんけど、やっかいじゃないっつーか、ちょっと経てばキレイに治っていきそうな感じの、でも痛みはしっかりある腰痛。

それと同じぐらいのタイミングで、これもなんの前触れも心当たりもなく、気づいたら急に唾が飲み込めないの。

コレ、地味にスゲー怖いですよ。

「ゴクリ」ってやろうとしても、「ゴ」のとこで体が止めにかかってくるみたいな。

「ン・・、うわ!ってことは、水飲めない!死ぬ!!」って。

んで試してみたら、水は飲める。

歯みがきのあとだったこともあり、食べ物が食べられるかどうかは確認せず、朝まで生き延びられることだけを願いながら床に就く。

翌朝無事に目覚め、生命のありがたみにひと筋の涙が、加齢臭漂う枕を濡らした。

朝食のみそ汁をすすり、恐る恐るカボチャを口に運ぶと、噛みしめる度すんなりのどを通り過ぎてゆく。

未来へ繋がった命に、ひと粒の涙がみそ汁をほんの少しだけしょっぱくするのだった。

とそんなことで、未知の症状が急にふたつ重なったんですわ。

腰の方は、なにかしら不意の動作で痛めたのかな~ぐらいに思ってて、飲み込めないのについては、私よく分からない甲状腺の不調が度々あるので、自律神経とかその辺を疑ってました。

suzukiyasumu.hatenablog.com

んでまぁ、2日3日と経過観察してたらですね、気づいた時は全く飲み込めなかったのが、日毎に飲み込めるようになってきたんですよ。

その感覚から感じ取れたのは、(それまでのまったくコントロールが効かない感じでなく)鼻の奥というか喉の上の方というか、その辺の粘膜的なところになにかしら張りついてて飲み込む動作をジャマされてるような感じ。

自律神経とかでなくて、鼻炎?咽頭炎

でそれが、日毎に回復してる。

腰の方も、日毎に回復してる。

んん?

これなんか、原因同じじゃねーか??

急になって、どっちも日毎に治まってきてる。

うん、急性の鼻炎or咽頭炎と、急性の腰痛。

そういえば、風邪の時って節々の痛みとかあるもんな。

にしても、こんなにはっきりした腰痛もあんのかな?

www.katutoshikanbashi-seitai.com

あるな。

でも、腰痛も飲み込めないのも、今までどっちも、風邪やらインフルやら溶連菌やらかかっても、なったことないな。。

未知やな、未知。。

未知やすえと内場勝則吉本新喜劇夫妻。。

未知、未知。。

未知の感染症。。

未知の感染症??

これもしかして、新型コロナウイルスやないかい!?

って感じなんですけど、皆さんどう思います?

で私実は、2ヶ月ぐらい前の「37.5℃が4日続いたら検査」みたいな時期にも、これコロナやん?って時あったんですわ。

37.5℃越えが2日続いたんです。

いや、わざわざカミングアウトしてヒステリックな反応されたり、はたまた無反応だったりしてもどっちでもヤだなと思ってダンマリ決め込んでましたけど(職場に申告して自宅待機になれたので一応社会的責務みたいなもんは果たしたかなと。ちなみに、2年ほど前のインフル陽性時には、「秘密にして出勤してくれ」と社長に頼まれて40℃超えの中出勤した)。

それと顔面痛みたいの。

顔が痛いように感じるのは副鼻腔炎っぽいです。

medicalnote.jp

この時は、熱も顔面痛も2日で引きました。

前回は「熱と炎症」、今回は、「鼻から喉の炎症と腰の炎症」みたいな感じで熱はなし。

新型コロナは抗体ができても数週間から数ヶ月でなくなっちゃうらしいし、コロナサイドも変わってくみたいなので、多分どっちも新型コロナなんだろうなと、個人的には思ってます。

suzukiblog.com

でね、匿名とはいえ家族や身近な人の症状までアレコレ言いませんが、おそらくそこらじゅうでそんな感じなんですよ。

でも、身近でコロナで亡くなったとか重症化したとかってあります?(ニュースやツイッター上とかならあるでしょうけど)

そんなぐらいのもんなんですよ。

感染は誰でもするので、いい加減「感染」そのものに老若男女全ての人がビクビクするのやめましょ。

「お薬を常用してるお年寄り」と、「コンビニ弁当とカップ麺が主食の人」あたりは自衛して。

締めはコチラの面白見出しニュース▼

www.asahi.com

とある本とテレビに学んだ「促し」で掃除のジジイとのトラブルを回避した

朝出勤すると、いつもなら(私が開けるまでは)閉まっているはずの受付前のシャッターが無人のまま開いていた。

ビルに入っている会社の都合で、時間外にシャッターを開けることもたまにあるので、いきなり緊急事態というほどのことではない。

念の為、請負元の管理責任者に確認したところオナカさん(掃除のジジイの仮名)から、「工事のせいで通用口から台車が出せない」との訴えがあり、シャッター開放を認めたとのこと。

ただ、私の出勤まで開けたままだったことについては、話しぶりからどうやら渋々OKしたようであった。

ジジイに手を焼いているのは私だけではない。

ジジイのゴミ出しから私の出勤まで、時間にして数十分のこと(要はそれぐらい開けっ放しでもいいだろというジジイのめんどくさみによる行動)とはいえ、防犯上問題があるのはもちろん、受付を無人にしておくこと、それはすなわち、誰もがなんとなく感じている「受付係いらなくね?」問題について、再考の機会を与えてしまいかねない愚行なのである。

私個人はもちろん、会社としても契約がなくなるリスクが増すなどということを、ジジイは考えない。

目の前の自分の作業のジャマになるかどうか、その瞬間の感情ですべてが決まる。

ジジイと共に時を過ごせば過ごすほど、「歴史に生まれた歴史の男」山根会長イズムをビンビン感じる。

公道だろうとどこだろうと、自分の歩く道は「自分の道」となり、よけないどかない。

共用だろうとなんだろうと、いつも自分が自転車を停める場所は「自分の場所」となり、別の自転車があろうものなら、誰よりも早く気づき、遠くへどかす。

さて、そうはいっても工事期間中シャッターを開けたままにするのは、なにかと問題が多い。

こんな時のために読んでいたのがこの本。

うまくやるための強化の原理―飼いネコから配偶者まで

イルカのトレーナーがイルカをジャンプさせるための方法を書いた本だ。

イルカをジャンプさせるかのごとく、ジジイにシャッターを閉めさせなければならない。

これまでの私なら、ジジイを見つけたとたんに有無を言わさぬ物言いで、「オナカさん、シャッター閉めといて下さいね」などと言い放ち、ジジイはジジイで「知らないよ」とトボケてその場を立ち去る、そんな、お互いにストレスをチャージし合うだけの、底辺職場によくある不毛なやりとりをまたひとつ積み重ねるだけだっただろう。

しかし、今の私はイルカをジャンプさせる方法を知っている。

直接的な指示・命令は何の役にも立たない。

イルカ(ジジイ)に言葉は通じないからだ。

言葉でなく、自発的に行動するための「きっかけ」を与えて促すのが、ジジイトレーナーの私に課せられた仕事である。

kotobank.jp

当人にとって好ましいきっかけを「好子(こうし)」、好ましくないきっかけを「嫌子(けんし)」と呼び、そのどちらかをトレーナーが働きかけることで、望ましい行動を促す。

たとえば、分かれ道を右に行かせたい場合に、好子を使うとすると、右に(ジジイの好物である)生クリームを置いておけば、生クリームを食べたいジジイは自分から右に行く。

嫌子を使うなら、左にウンコを置いておけば、ウンコを踏みたくないジジイはやっぱり自分から右に行くのである。

求めて右に行くのか、避けて右に行くのか、その「好子or嫌子」のシチュエーションを整えることで促してやればいい。

と、もちろんそんなことはまるで考えていなかった私は、現れたジジイにこう言った。

「シャッター開いてたのって、工事の都合かなんかですか?」

ひとまずは、なにも知らない体でジジイの出方を伺う。

するとジジイが、そこに一切の思考も感情もない見事なまでの脊髄反射でこう返した(※前回の記事で初めて使ってみた脊髄反射というワードを、さっそくまた使ってみた)。

「あぁ、〇〇さん(責任者)が開けておけって言ったんだよ」

おなじみの完全なるウソだ。

さしづめ、「責任」という嫌子を避けるために「ウソをつく」という行動を(意図せず)促してしまった新米ジジイトレーナーの私、といった様相である。

さてどうする?

こんな時のために、この日の朝いつも通り午前3時に起きて見ていたテレビがコレ。

ふたりの旅路酪農大家族 26年の記録|NNNドキュメント|日本テレビ

農家の大家族の「NNNドキュメント」。

(※余談だが、この週はザ・ノンフィクションも大家族で、居酒屋店主の親父がラストでコロナに感染して片岡元コーチみたいに病院のベッドで酸素マスク姿になってた。片岡が自身のYouTubeチャンネルで闘病姿を公開したのをニュースで見てて、動画の最後に「チャンネル登録はこちら」って下を指さしてたら面白いのになと妻に話していたのは、片岡が回復した今となってはよい思い出である。しかしノンフィクションのディレクターは心配しながらガッツポーズしたんではないだろうか。次週に続くのでお楽しみに!)

と、これまでの私なら、ニヤニヤと鬼の首を取ったように「〇〇さんから聞いてますけど?」なんつって、マゴつくジジイの反応を楽しんだかもしれない。

番組の中で、物静かな妻が夫に言っていた言葉が私を踏みとどまらせた。

「お父さんはね、言い方がよくないの。俺の言うことが正しいんだから言うこと聞けって、いつもそういう言い方なの」

まさに自分に言われているようで、午前3時にガハハ苦笑いしてしまった。

このオヤジの気質とか、家族からの扱われ方(やってることの割にイマイチ慕われてない感じ)とか、すげー自分と重なってなんだか切ない。

私は、オナカさんのウソを思いやりでスルーした。

「なにがあるか分からないし、閉めておいた方がいいですよねぇ」

開けておけと言われた体で(トボけて)いるジジイの(ウソの)立場を尊重しつつ、管理責任者の無責任な指示に難色を示すことで、(直接的な指示・命令をせずに)ジジイに行動を促した。

「そうだな。〇〇さんに閉めた方がいいって言っておくよ」

ジジイは、自分のウソをすぐさま自分で回収し、気分よさげに去っていった。

私の「促し」が、「上長としてのカッコつけ」という好子を選択させたのである。

思わぬ本とテレビからの学びにより、言い方を改め行動を促すことで、お互いにストレスを溜めることなく今回の件を片付けることができた。

まだジジイとの関係が悪化する前、ジジイが足を引きずっていたので理由を尋ねると、「俺生クリーム好きでさぁ、昨日食べたんだよ、シュークリーム。そしたらこれだよ」

痛風だそうだ。

個人的には、これぐらいのコミュニケーションを取れる関係に戻れたらいいなと思っている私もいる。

でももう叶うことはないだろう。

あなたのビルに、たまに足を引きずってる掃除のジジイがいたら、それがオナカさんかもしれませんよ。

 

~ エピローグ ~

最近ビルに「建物の裏でタバコを吸ってるヤツがいて迷惑だ」と、となりのビルからクレームが入った。

犯人はジジイである。

ゴミ出しのあとすぐに戻らず、中途半端に時間が空く時が一服タイムだ。

状況的にそんなことが可能な人間はジジイの他にいない。

四月からビル内が全面禁煙になり、喫煙者は各々が見つけた、肩身狭くもタバコを吸える屋外喫煙スポットにイソイソと出かけて行く。

クレーム以降、ジジイも喫煙所ジプシーの仲間入りだ。

大雨の日でも、午前中、昼食後、午後の一日3回、チャリンコに乗ってまで出かけて行く。

そんなジジイの背中を冷めた目で見送るのが、最近の私の日課だ。