私の体調

私の体調を世界にお届け!

身体の省エネモードが代謝を低下させ慢性症状の回復を妨げる

さらなる「気づき感」が私を包んでいる。

健康について、相当に核心に迫ってきたこのところだが、手応えのわりになんかこう、停滞ムードというか、悪い方向には行かないけどなかなかよい方向に進んでいかない感覚がある。

以前から、数多ある不調のうちのひとつだった、体がオフモードみたいな、打っても響かない感覚がど~も抜けないのである。

ということで、改めてしっかり調べてみたところ、自分の体に起こっているであろうことが分かってきた。

やはり、あやしいと踏んでいた「代謝」の問題だ。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 ダイエット界隈で停滞期の原因として、「省エネモード」、「飢餓モード」など(別モノみたいな記事もあったがまぁそこはどっちでもいい)と言われ、減量の道のりの中で誰もがブチ当たる壁的な体の反応の変化があると。

diet-safari.jp

要は、食べないでいるとその少ない栄養でやりくりできるように体がまさに「省エネモード」に切り替わっちゃうってこと。

でそれが、ダイエット的には「食べてないのにやせない」って状態になる(代謝の低下により脂肪を溜め込もうとして減らないし細胞の入れ替わりも少ない)。

私にダイエットは不要だが(むしろ勝手にやせて目がギョロついて頬がこけ、スリラーで踊り出す前にババーンッて出てくるゾンビ化したマイケル・ジャクソンのような顔つきの最近である)、生活習慣が省エネモードの条件に当てはまっているようだ。

食事量は特に減らそうとはしていないし、極端に少ないワケでもないが、オジさんとしてはちょっと少なめだろうか。

変な食べ物を避けてたら自然とそうなっていった感じ(=世の中が変な食べ物であふれてるってこと!)。

そこに加えて、ビルの受付係という見事なまでに体も頭も使わない仕事をもうかれこれ3年続けている。

体も頭も使わないから腹も減らない。

気づいてみれば、省エネが省エネを呼ぶ「省エネ蟻地獄」といった有様がありありと目に浮かぶ。

さらに代謝を掘り下げよう。

代謝は大きく3種類。

基礎代謝

一般的には寝ているときの代謝を指し、全体の70%を占めると言われています。

食事誘導性代謝

これは食事をした際に、咀嚼し、消化し、吸収する過程で生じる代謝で、全体の10%を占めます。

生活活動代謝

日常生活にともなう全ての代謝を指し、全体の20%を占めています。 歩いたり、階段を登ったり、ジムでのトレーニングはここに含まれます。「生活活動代謝」は、単にエネルギーを消費するだけでなく、活動を通じて筋肉の発達を促すことができます。

【代謝アップさせる栄養摂取のコツ | FITNESS LOVE】

 真っ先にビビッときたのが基礎代謝だ。

代謝全体の7割を占め、主に睡眠時に生じる働き。

私の場合、睡眠時間としては6~7時間(プラス昼寝15分)は確保しているものの、9時就寝の3時~4時起床という若干突飛な生活スタイルを5~6年ほど続けていて、自覚としてチョイ睡眠不足を感じているし、自律神経とかその辺のリズム的に不自然なのかなとも急に思いだした。

食事誘導性代謝については、触れた通り食事量が少ないことに加え、(今は控えめだが)少し前までサプリメントで過度な負担をかけていた自覚がある。

生活活動代謝も、仕事中はほぼ体を動かさないし、(心がけてはいるが)運動も習慣にしきれておらず不十分だと思う。

個別の心当たりに加えて、代謝異常を招くとされる(軽度の)甲状腺の不調も抱えている。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 甲状腺については、長年の慢性症状二ストとして最近ようやくたどり着いた、原因と思われるものはおおむね解消されているはずなので、数ヶ月のうちには改善が体感できると踏んでいる。

suzukiblog.com

とひと通り整理すると、代謝の改善のためにすべきことが見えてきた。

よく食べて、よく動いて、よく寝る!

行き着く先はシンプルな本質だ。

なんとなく面白味のない結論のように感じられるが、そんな当たり前のことさえ叶わないのが、我々人類がせっせと築き上げてきた現代社会なのである。

後編・東秩父村移住体験施設Mulifeに泊まってきた【田舎暮らし】

 

f:id:suzukiyasumu:20201021133627j:plain

道の駅の奥にある古民家

続きです。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 ここからは、「移住体験」としての感想みたいなことを書いておきましょう。

やはり、1泊2泊程度だと旅行気分でしかいられないというのが現実です。

ただ、ココ非常に重要なんですが、行ってみて、運悪く特別イヤなことでもない限り、多少なりともその地域への愛着みたいなものが生まれます。

その積み重ねが、移住体験の意義みたいなものなんではないかなと。

他の地域のとかも色々見てみると、1週間以上からとか、一度その土地に訪れていることとか、初日と最終日は平日で(鍵の受け渡しの都合)とか、体験利用のハードルがやけに高いことが多いんです。

かんたんな話、本気の人しか受け付けませんよっていう。

でもこれ、行政の取り組みとして専用の施設まで用意して移住してほしいってことなワケで、むしろ本気じゃない人にいかに「移住体験」というその一歩を踏み出させるかが重要な気がするんですよね。

本気の人は自分で動きますから。

そういう意味で、今回の東秩父村は一歩目に最適な施設だと思いました。

てゆーかそもそもそういう意図で考えられていて、選ぶべくして選んだってことなのでしょう。

村からの委託を受けて施設の管理をしてる企業さんがコチラ↓

www.fujisun.work

他の自治体も参考にされた方がいいと思います。

・1泊から利用可(土日で行ける)
・移住体験としては割高だが旅行よりは割安(旅行気分で利用しやすい)で、人数が多ければ(移住人口が増える可能性が高ければ)&日数が増えれば(移住の実現度が高ければ)よりお得になる
・それなりにお金を取る分、設備や備品を整えて、(気軽な利用者ほど)満足度を高める
・年4回まで利用可(利用の度に地域への愛着が増す&お金も使う)

移住者でもある(息子さんを連れてやってきた)委託先の担当の方も、まず来てくれることが第一なのでまた気軽に利用して下さいってなことを言ってました(※担当の方、見てますかーッ!?)。

そういうので言うと、ちょっとグチりましょう。

移住体験の一歩を踏み出すにあたって、まったくなんの役にも立たなかったのが、「ふるさと回帰支援センター」。

有楽町の交通会館にあるやつ。

まずは、移住が実際どんなもんなのかなってのをなんとなくでも知りたいと思って問い合せたんですよ。

どこがいいとか、なにやりたいとか、ひとまずなんにもないんですけどって。

それでもいいからお越し下さいって言うから、まったくのってない家族を連れて行ったのに、いざ行ってみたら「プランがなんにもないんじゃ紹介もなにもしようがない」みたいな感じで、担当者をとっかえひっかえされ、グズグズ時間だけかけてパンフレットかき集めて持たされただけで帰ったんですわ。

事前に「私以外乗り気じゃないので、家族が少しでも前向きになるような話をしてもらえれば」って子どもの年齢とかまでちゃんと知らせてたのにもかかわらず。

こんなの一発なんですよ。

まず海が山どっちが好き?ぐらいのチョイスをさせたら、近場の移住体験施設をいくつか見繕って、旅行気分でもなんでもいいのでとにかくまずは行ってみて下さい!って。

その一歩のケツ押しだけしてくれりゃソレでいいんですよ。

無駄に広い空間にパンフレットずらずら並べて、イチイチ色々入力して予約させといて職員はいっぱいいるのに利用者は我々家族のみ。

そんな中で、対応が「困る」だけって。

こちとら、興味持って、問い合わせして、予約して、真顔の家族連れて、ってそれなりに小さめのハードルをいくつか越えてやってきてるワケですから、以後もうちょっと考えて対応して頂けることを切に願っております。。

ふぅ~・・・

さ、この辺にしときましょうか。

とりあえずですね、ホント旅行気分で気軽に利用できるとってもいい移住体験施設でした。

じゃ、おやすむ~!!

東秩父村移住体験施設Mulifeに宿泊してきた【田舎暮らし】

一泊ながら、家族4人(私・妻・小4娘・年長息子)で移住体験施設に泊まってきました。

えー、コレですね、移住するとかしないとか、田舎暮らしに興味あるとかないとか関係なく、ヒジョーにありがたい取り組みで、ヒジョーにおすすめです。

ちなみに我が家の場合は、私だけがゴミゴミした都会(足立区)から飛び立ちたいと思っていて、他の家族は、同じ屋根の下で暮らしているとは思えないほどに父のそんな想いを共有しておりません。

なのでまぁ、移住という選択肢はないようなもんですが。

まぁとにかく、移住体験施設Mulifeの概要をザ~ッと見てみて下さい。

www.higashichichibu-akiya.jp

料金体系が世帯単位(5名まででカップルとかでも多分大丈夫)なのでお一人様だと割高になります。

が、1泊10000円が、7泊まではなんとそのまま10000円(別途光熱費は1日500ずつ加算)なので、長く泊まれば一人でもかなりお得になります(※お風呂は追い焚きできないと書いてありますが普通にできました!)。

キレイすぎるぐらいキレイな家で、なんなら食材買い込んで一歩も外に出ずに何日もココにこもりたいぐらいです。

(ウチより)広いし、(ウチより)テレビもデカいし、(ウチより)お風呂も広いし、(ウチより)ベランダも広いし。

もちろん人それぞれのコマゴマしたものはあるでしょうが、基本生活に困るようなことはないぐらい備品も揃ってます。

ズラズラ〜ッと参考資料どうぞ。

f:id:suzukiyasumu:20201020124725j:plain

f:id:suzukiyasumu:20201020124738j:plain

f:id:suzukiyasumu:20201020124754j:plain

f:id:suzukiyasumu:20201020124809j:plain

f:id:suzukiyasumu:20201020124825j:plain

f:id:suzukiyasumu:20201020124842j:plain
ちょっとしたものだと、はかりとお米の計量カップ、欲張ると、トースターとホットプレート(今回はハナから地元の食材で鉄板焼き!と決めていたので持参)があったらいいなと思いました!

持ち物は、旅行の荷物プラス食材(調味料含む)って感じでしょうか。

1泊2泊ならすべて外食で済ませてもいいでしょうけど、まぁまがりなりにも移住体験なので一応自分でやるスタンスで書いておきますよ。

となるとやはり、食材の買い出しなんかがあるので車の方が断然便利です。

我が家は、ワタクシこと一家の主が、昨年めでたくペーパードライバーを卒業しましたので、レンタカーでの出陣でした。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 Mulifeが村役場から5分もかからない場所にあって、役場にバスが来ますので、あえてというかなんというか、なにごとものんびりスタンスでいれば、全般的に車なしでも「絶対ムリ!」ってことはないぐらいの田舎具合です。

逆にいうと、「(施設の使い勝手含め)リアルな不便が味わいたい!」みたいな人にはけっこう物足りないかもしれません。

買い出し関連だと、まずは車で5分ぐらいで道の駅に農産物直売所があります(※その他食事処など、もうちょい下でリポートしときましょう)。

あとは、中くらいのスーパー(ヤオヨシ)が車で15分ほど、最寄りのコンビニ(セブンイレブン)が20分、ちょい大きめスーパー(ヤオコー)が25分って感じです。

あとは、ウェルシアがヤオヨシのちょい手前にありました。

ここまで、道の駅以外はMulifeの目の前の道沿いなので(多少クネクネしますけど)分かりやすいです。

逆方向に行くと、落合の店という個人商店が徒歩10分かからないぐらい近くにありますので、車でなければまずココを覗いてみるといいかもしれません。

ともうひとつ、玄関を出て左に5分ちょっと歩いていくと、「地下水をどうぞ」ってのぼりが立ってるとこがあります。

こちら個人のお宅なんですが、ここのご主人が地下水を掘り当てた(?)らしく、その地下水を無料で提供してくれてるんです!

ameblo.jp

私も、一人早朝ドライブの際にやかん一杯に頂いてきました。

f:id:suzukiyasumu:20201020133931j:plain

その時に寄り道した雨上がりの霧深いせせらぎ

道沿いに蛇口があってひねるだけなので本当にありがたく気軽に頂けます。

いわゆる飲みやすい水でなく、ミネラルたっぷりな味わいのお水です。

さて、買い出しはだいたいそんなところです。

では道の駅リポート!

農産物直売所で色々買いましたが、断トツにうまかったのが東秩父村産のしいたけ!

いつものしいたけとはまったくちがって、ふっくらしててやさしい旨みがあって、臭みがまったくない。

ピーマンも肉厚で味わいがあっておいしかったです。

と、どこでもうまいでしょうけど、スモークチーズ(500円ぐらい)もうまかった。

と思ったらやっぱり評判の品でしたよ。

『東秩父スモーク香房のスモークチーズ』by 田舎うどん : JA埼玉中央 東秩父農産物直売所 - 竹沢/その他 [食べログ]

直売所の奥にフードコートみたいな一角があって、マシンガントークイワナ焼きオジさんがいたり、ジビエ(鹿肉入り)ラーメンを食べてたら、電気の通ってない家で暮らしてて家を燃やしちゃったワイルドな家族がいたり、なんだかとっても活気のあるスポットでした。

f:id:suzukiyasumu:20201020133930j:plain

 フードコートと逆サイドのさらに奥の方にある、ちょっとよさげなお蕎麦屋さんもおいしかったです。

Mulifeのすぐ近くにも渋いお蕎麦屋さんがあったんですが、12時ちょい過ぎですでに完売でおしまいでした(※作れる分を作っておしまいって姿勢がステキじゃありませんか!)。

その他、お出かけスポットらしいお出かけスポットは牧場ぐらいです。

ってそこがスゲーよかったです。

埼玉県秩父高原牧場

まず峠道をクネクネ登っていくにつれ、緑だったり空だったり、より自然だらけになっていく感じが、それだけでウキウキしちゃうような。

ちなみに、最寄りのバス停から徒歩90分ですって!※そういう観光地化されてないとこがまた魅力的っつーかね。

でも自転車で登ってる人もチラホラおりましたよ!

頭文字Dって走り屋漫画?にこの辺りが登場してるらしく、バイカーの方々も多かったです。

で、着いて車を降りた時の空気のウマさたるや否や。

ヤギのふれあい広場みたいのがあって、それがもうとにかく気持ちがいい。

見てコレ。

f:id:suzukiyasumu:20201020142445j:plain

f:id:suzukiyasumu:20201020151651j:plain

f:id:suzukiyasumu:20201020152045j:plain

ヤギたち(20~30匹ぐらい)が、上野動物園とかほど人に慣れ切ってないんだけど、警戒しすぎる感じでもなく(子ヤギは人が寄っていくと距離をとる)、「ヤなことしなけりゃナデナデしてていいよ」ぐらいの雰囲気でのんびり寝そべったり草食ったりで、ずーっとそこにいたくなりましたわ。

あとはソフトクリームとか野菜売ってたりとかぐらいでシンプルなとこでしたが、ガチャガチャしてなくてとにかく気持ちのいい場所でした。

まぁホントに観光地じゃないので、スポットとしてはこんなぐらい。

もう少し、「移住体験」としての感想的なものも書こうと思いますが、長くなったので次回へ!

じゃ、おやすむ~!!

今までで一番おいしいスコーンが焼けた朝

日曜日の朝、私の次に早起きな息子(5歳)と一緒にスコーンを焼きました。

ちょい前にコチラ読んでて、私の食べたいスコーンはアメリカンタイプなのではないかな~って。

www.bonbonciel.work

なので、細かくしたバターと粉類(薄力粉と米粉と全粒粉&ベーキングパウダー)をあまり混ぜ込まないようにして、卵と牛乳でまとめ、「延ばして切って重ねて」の作業も、1回だけ。

それと、材料の温度をなるべく低く保つことをより意識してスピーディーに。

(スコーンなんどうやったってマズくはならないので)今までなんとなくやってた部分を、意識して丁寧にやってみました。

するとどうでしょう、外はザックリ、中はふんわり、私の求めていたスコーンが出来上がりましたよ。

f:id:suzukiyasumu:20201015101901j:plain
ブチ込んでみた昨日の残りのサツマイモのほのかな甘みもイイ感じ。

家族も「食感がいい」と、変化を捉えた嬉しいリアクション。

そんな爽やかな日曜日の朝でした。

(※今回のはテキトー三角で作りましたが、今度は冒頭の記事にある「ボテッと丸めてホイ」みたいな形で作ってみよう思います。)

っと、なんかこれだけじゃ終われない気がしてしまう私なのですが、ザクッとアメリカンに終わりましょう。

じゃ、おやすむ~!!

日常を「こんな時代を楽しむゲーム」にする

さんざん今の時代(コロナ含めインターネット、スマホSNSとか)を憂いてきた私だが、風向き(というより私の向き)が変わってきた。

世界が(私の思う)よい方向に向かうことはもうないだろうという考えは変わらない。

だがしかし、私の向きが変わってきたことで(屋根の上の平べったい私が、風見鶏よろしく風により向きを変えているイメージ)、こんな世の中との向き合い方が見えてきた。

ゲームだ。

体によいもの悪いものがなんだか分からないなら、それを調べて、ふさわしい食材を手に入れ、適切な調理をする。

体の不調があれば、調べてみてあやしい要因をツブしていく。

suzukiblog.com

そんなゲームだと思って向き合えば、ただの「苦」が、やりがいめいたものに変わってくる。

こんな世の中に憤りや嫌悪を感じたら、ネガティブなエネルギーのまま溜め込んだり吐き出したりせずに、ユーモアに変換して、自分のネガティブも世の中のネガティブも薄める。

ちょっとした欲求に抗えないなら、世の中の仕組みを知る。

たいがいのモノゴトは、目の前しか見ていない人間が利用されることで成り立っていることに気がつくだろう。

suzukiblog.com

あなたがそのままでいいならそれでもいいが、「そんな時代」と迎合し続ければ自然と心身を病むのが現代だ。

suzukiblog.com

すべてを「そんなゲーム」にすると、世を憂うより攻略に忙しくなる。

(Switchの月額300円のファミコンの)ツインビーで、鍋とか目玉焼きをよけつつやっつけつつ、雲の中の鈴をいい色になるまで撃ってる最中に、両翼がなくなったのを直すピーポーみたいなやつを取りに行こうとしてるのに、息子の操る水色号がキャノン砲みたいのを撃ちたくて私のピンク号にくっついてくる時に、ふとこんなことを思った。

じゃ、おやすむ~!!

ブログが滞る人が増えてる気がする今日この頃

いやはや、私の進んできた道がどうやら正しい道であったことに、大いなる確信を感じているこのところだ。

年々地味に増していく、病気未満の心身の不調に危機感を抱き始めたのが、二十代後半。

十五年かけて、ようやく改めてスタートラインに立てたような心持ちである。

とまぁ、私のことはまたの機会にまとめて放出するとして、近頃ブログがペースダウンしたり、すっかり書かなくなる人が多くなってません?

自由ネコさんが一ヶ月更新しないとか。

gattolibero.hatenablog.com

お久しぶりのオミソシルコさんとか。

misoshiruko.hatenablog.com

忙しそうな泉沢さんとか。

www.izumisawasan.tokyo

だいぶ前にこちらの記事で言及させてもらった御三方も、浜田さんがワードプレスで継続してるのみで、マスヲさんといっしーさんのお二人はブログ消えちゃいましたよ!

hamaren.com

マスヲさんの過去記事とか、私の老後の楽しみにとっておきたかったのに。

ブログって、まず「ブログに充ててもいい時間」があって、そこに「ブログを書いてもいい気持ち」が重なってこそナチュラルに書けるものっつーか。

あとは「読んでくれる人の存在」とか、「いくばくかの利益や数字」とか、時間と気持ちの程度を左右するいくつかの要件があると思うんですけど、世の中がどんどんその要件を満たさない方向に進み続けるもんだからこんなことになっちゃうのかなーと。

余裕のない労働システムとか、Googleの方針とか。

んでまぁ、そんな世の中でどう立ち回ればいいんだろうかってなると、私は結局「健康」に行き着くんですよねぇ。

心身の健康が、「やりたいことをやれる状態を保つ助けになる」っつーか、そのおかげで世の中の(ネガティブな)空気に引っぱられないっつーか。

その前に、やりたいことが自然に出てくる状態なのはもちろんのこと。

おっとまぁ健康話はほどほどに。


全然関係ないんですけど、2週ぐらい前のロンハーでちょっと忘れないようにしときたいことがあったのでメモしときます。

 芸人たちが若者の悩みに答えるみたいなニセ企画で、あんなことやこんなことを語ってたよね~っていうの。

若者代表の藤田ニコルの反応が、なんか私の中で示唆に富む感じだったんですよね。

細かい内容は忘れましたけど。

たとえたりうまいこと言っても「で?」としかならなくて、自分はこう思ってこうしてこうだったとか、この曲聴けとか、ケツを押すだけでなく止めるとか、同じような立場だったらどうするとかこうしてこうだったとか、具体的でないと響かない感じ。

なんかね、子どもになにかを伝える時に、同じような感覚を覚えることがあって、どうすれば伝わるのかな~ってのの答えがコレのような気がしたんですわ。

子どもが体験しているであろうことと、自分の同じような状況を重ね合わせて、自分の場合はこう思ってこうしてうまくいったとかそんな感じ。

あ、「悩んでもしょうがないよ」じゃなくて、「どうすれば悩まなくて済むのか」を教えてくれって感じか。

そうそう、結論でなく、過程とか方法を知りたいのか。

いや実は今書いてて、一体何が腹落ちしたのか分かんなくなってたんですわ。

書き留めておかなきゃってのだけ残ってて。

いやよかった、書いてみて。

まぁそんなとこで、世の中の空気に抗う元気が少しずつ出てきてるので、これからの自分が楽しみです。

じゃ、おやすむ~!!

栗を買って休日にモンブランを作るオジさん

最近はかなり元気になってきて、週末は台所に立つことが多い。

suzukiblog.com

この土日も、栗を買ってきてモンブランミニタルトを作ったりしてみた。

f:id:suzukiyasumu:20201006143807j:plain

モンブラン用の口金まで買っちゃってな。

普通においしいまあまあの出来だった。

f:id:suzukiyasumu:20201006143820j:plain

てっぺんの栗をテカテカにしたかったが、今回はあきらめた。

図書館で借りたレシピ本の「ポテトスティック」なるものも作った。

じゃがいもをふかしてつぶし、オリーブオイルと塩と小麦粉(米粉に変更)、ベーキングパウダー(重曹に変更)を加えてまとめオーブンで焼く。

f:id:suzukiyasumu:20201006143832j:plain

いちいちシャレついた感じに仕立て上げてて、鼻についたらすまない。

まぁ、ありのままの休日だが。

レシピ通りだとしょっぱ過ぎたものの、ヘルシーなじゃがりこみたいな感じでおいしかった。

かんたんにいろいろアレンジもできそう。

 

おまけに、手作りマロンペーストの余りでクリクリクッキー。

f:id:suzukiyasumu:20201006143845j:plain
マロンペーストを焼くとマロンの味がきれいに消えることが分かった。

さ、こんな感じの近頃である。

せめて子どものマスク消毒の半強制はそろそろやめてほしい

こんなことがあった。

子ども2人(娘10歳息子6歳)と、ちょっとしたお買い物にあるお店に入った。

私と娘はスタスタと店内に入り商品を見始めている。

ふと外に目をやると、息子が入口付近で立ち止まり、こちらに向かって口元を指さして地団駄を踏んでいた。

マスクを忘れたようで、マスクなしでは中に入ってはいけないと思っているようだ。

入口に戻り、「入っちゃいけないわけじゃないから大丈夫だよ」と、諭す私もマスクをしていないことにその時気がついた。

(※ブログ上では常々マスクの無意味さを訴えている私ですが、店とかではマスクしてます。マスク警察に取り締まられないように)

suzukiyasumu.hatenablog.com

 私はさておき、息子の方は店内に入ってからも、自分が悪いことをしているかのように、半ベソをかきながら自分の手や上着の襟で口元を隠しながら歩いている。

子どもというのは、親としか過ごしていなければ親だけをお手本にするが、幼稚園や学校など、「子どもの社会」に属すればその社会をお手本にするようになっていく。

みんながマスクをしていればマスクをする。

みんながしているマスクを自分がしていなければ、自分はいけないことをしていると感じるようになるのだ。

小さければ小さいほど、そこに理由はない。

意図せずとも、理屈が通じないうちに本能的に従わせてしまうということになる。

私自身親になって感じるのは、教育と洗脳は紙一重だということ。

紙一重というか、よい言い方なら「教育」、悪い言い方なら「洗脳」というだけで、同じものと言ってもいいぐらいだ。

ホリエモンも同じようなことを言っているのかどうかは、読んでないので分からない。

なので、私なりに洗脳にならないように心がけて、「マスクは意味がないからするな」みたいな強制はしていない(※消毒はできるだけするなとは言ってる、が、大人が消毒液を持って近づいてくればしてしまう)。

個人の考えとしてそういう話をすることは多々ある。

子どもたちの行動を見るに、悲しいかな「社会の力」は「親の言葉」より強い。

つまりは、社会が正しくなければ子どもたちは正しくない方向に進んでいくということになる。

だがしかし、(社会の力が働いているとはいえ)それが本人の選択である以上、親として正しい(と思える)方向にムリヤリ方向転換させることは「洗脳」に当たるのではないだろうか?

そんなことが頭の中でグルグルする。

だからこそ、社会にはある程度正しくあってもらわなくては困るのだ。

半年ほどのコロナ禍のニュースや体感で、子どもの重症化や死亡のリスクが極めて低いことは誰もが理解していることではないだろうか。

多くの大人が「みんなやってるから」という洗脳で育っている社会では、この程度の願いもさっぱり叶わないのである。

suzukiyasumu.hatenablog.com

お笑い第8世代への同情

芸人たちが時代に振り回されているように感じることが増えた。

少し前の岡村のラジオでの一件がその代表例になるのだろう。

www.nikkan-gendai.com

もはや、笑わせることより「地雷を踏まないこと」がテレビレベルの芸人の最優先事項だ。

社会的弱者様にも安心して笑って頂けるお笑い。

仕事上だけ気をつけておけばいいかというと、そんなことはない。

プライベートでも、スキャンダルの許容範囲が極めてせまくなった。

炎上で牙を抜かれるか、スキャンダルで一発退場か。

こうなってくると、ヤクザのパーティーの方がよほど楽しく仕事ができるんではないだろうか。

つって正義を貫けばこんなことになっちゃう芸能界。。

golden-tamatama.com

コレ自殺の方が不自然やないかい。。

んで、なんなら表舞台が、針のむしろの上で「芸」を強要されてるかのようで、見ているこちらまでツラくなってくる。

たまたまゴールデンタイムで、こっから売れるかどうかの若手たちが激辛食材を食わされていたのを見た。

本当に辛そうなやつを、テレビで売れるために、ただムリをして食べさせられているように私には見えた。

第8世代の目指す場所がココなのかと思うと、今から同情しかない。

「コレちょっと違くない?」って(立場的にも芸風的にも)言えるはず、というか言ってほしいタイプの先輩芸人MCが、スタジオでヘラヘラ笑いながら見てただけだったのがなんか残念だった。

べつにマジメ気取りでもなんでもなく(そこに何か別の笑わせるための演出がないなら)、先輩教師に激辛カレー食わされてたニュースと変わらんから。

そんな、「お笑い」でぐらい余計なこと考えずに笑わせてほしい今日この頃なのである。

suzukiyasumu.hatenablog.com

鼻と口を知らない間柄の人が増える

私はビルの受付係。

ビルで働く人たちの中で、鼻と口を見たことのない人が増えてきました。

ネット黎明期には、文字データのやりとりのみの「顔を知らず会ったこともないけどリアルの友だちより親密かも」みたいな、それまでにない人間関係が生まれたものです。

これからは、「毎日会って言葉を交わすけど鼻と口を見たことない」っつーのが最先端の人間関係になっていくことでしょう。

「私たち、鼻も口も知らないけど結婚しちゃいました♡」みたいな。

私の好きなちびまる子ちゃんの回に、こんなのがあります。

お姉ちゃんが密かに恋心を抱いていたイケメン若手歯科医が、マスクを取ったら鼻から下ハマジみたいでがっかり!みたいの。

実際私もついこの前、最近現れたガングロハゲおやじみたいな人がたまたまマスク取ったら、それこそ鼻から下ハマジっぽくて「フザケんなよ!」と思いました。

そうなんです、人って「勝手にこうだろう」って思って、そうじゃないと「勝手にがっかり」するんです。

恋心を抱いていたならまだしも、ただのガングロハゲおやじに対して、勝手に理想像を描き、その勝手な理想像どおりでないことに対して、勝手に不満を感じるというワケなワケなのです。

なんとも不条理ではありませんか。

にんともかんとも不条理ではありませんか。

古くからの人間の本能は、進化を続ける現代の人間にとっては不条理なケースも多々あり、嘆いたところで今すぐどうこうなりません。

そんな時には、先だっての芦田愛菜ちゃんのありがたいお話を噛み締めましょう。

eiga.com

ビルの受付で、「釈迦かよ!」ってつい声を張り上げましたね。

まさにこれからの「口と鼻を知らない間柄」で、多くの人と共生していく社会への処方箋といっても過言ではありません。

そして、芦田愛菜ちゃんが輝けば輝くほど、相方の鈴木福くんの体たらくを糾弾してしまいたくなるのもまた、人間の不条理な本能にちがいありません。

私たちや福には分からないであろうその問いの答えも、釈迦か芦田愛菜ちゃんが導き出してくれることでしょう。

じゃ、おやすむ~!!