私の体調

世界に届け私の体調!

わずかな生活の余白が奪われただけの緊急事態宣言《日記#018》

2020年4月9日(木)

緊急事態宣言で、それまで「ネット予約と受け取り」という形(本棚スペースは立ち入り不可)で利用できていた図書館が休館になり、すべてのサービスが利用できなくなった。

本が借りられなくなるという具体的な不便さよりも、緊急事態宣言によってこれまでできていたことを制限された窮屈さを感じる。

「受付にいること」が業務のほぼすべてであるビルの受付係にテレワークはない。

金もらって休めるってのはまぁ理想ではあるが、個人的には意外と「極めて労力の少ない仕事をしながらお金をもらえている」今の状況は悪くないなと感じてもいる。

自転車通勤で、業務での人との接触もほぼないため、感染リスクは極めて小さい上に、日頃の健康管理で、自分自身が感染して重症感染者になるかもしれないという不安もない(無症状感染者としてウイルスの媒介になるかもってのはある)。

ハッキリ申し上げて、「自粛生活の気分転換」気分で仕事をしている。

あれだけ「働きたくない」と思っていた人間が、こんなことを感じる。

家族水入らずの休日も、それを強いられるとなればストレスを生む(こともある)。

人間って不思議だ。

えーっと、言いたかったのは、緊急事態宣言の恩恵を受けられる一部の人以外は、より自由が制限されて、この状況の中で(ただでさえ少ない)できることがさらに減らされただけじゃねーかってこと。

「生活は守るから全員一ヶ月だけ外出しないで」

初動でコレが言えていれば、「要請」だったとしても多くの人が受け入れただろう。

それが、「3連休の気の緩みで~」って、入りからいきなり国民に非があるかのように責任を押しつける。

それも「オリンピックの都合」を隠すために。

1万2000円でいい?お肉券でいい?

で結局マスク2枚。

緊急事態宣言したけど一部の人以外は普通に働いてね。

緊急事態だけど電車通勤してね。

でも土日は外出しないでね、緊急事態だから。

一部の人?まだ決まってないんだ、緊急事態だけど。

タイマーズがいたら、人がまばらな「渋谷スクランブル交差点ゲリラライブ」でこんな感じの曲(ってゆーかもっと痛快なやつ)を聴かせてくれたかもな。


ザ・タイマーズ 伝説の生放送事故 オリジナル再アップロード 4K Video 5 1Surround

『ある父親の記録』《日記#017》

2020年4月8日(水)

ささやかにもう一個のブログをリニューアルした。

なにかに特化した(体の)ブログでなく、もうただの私の記録だ。

このはてなブログで「思っていること・考えていること」をなるべく熱いうちに書き、それらから導き出された(その時点その時点の)「私の中の答えらしきもの」を、もう一個のブログに記録していくイメージ。

それぞれ心の基地のような。

で、最初に書いたのは急にレシピ。

suzukiblog.com

いやなんとなく、ここんとこの日記での反応が嬉しかった勢いで。。

あぁ、人は心で動くのである。

この日記スタイルも思った以上に書きやすく、ここんとこしばらく抱えていたブログへのモヤモヤが晴れた。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 あそう、健康サイトの記事も、やっぱ『ある父親の記録』の方に引っ越しさせて、健康サイトとそのツイッターアカウントは削除することにした。

見てくれてた方、どうもありがとう。

ブログにしろツイッターにしろ、キャラクターを使い分けるのはストレスになる。

リアルでも同じだろう。

人によって態度を変える人間は、どこか病んで見えるものだ。

「大切な人」がいない人の気持ちを逆なでするかもしれないメッセージ《日記#016》

2020年4月7日(火)

ここんとこ、「大切な人を守るための行動」を促す雰囲気が強くなっている。

私なんかだと妻と子どもがいて、志村けんが死んじゃったりしたもんだから、そのタイミングで、お店のレジ的なとこではマスクしようってなった。

個人的には、感染は個人の健康状態とか生活習慣によるところが大きく、(様々な情報に触れた上で)マスクはほぼ意味のないものだと思っているのは変わらない(※手の除菌は意味がないどころか、常在菌を殺してコロナのためにわざわざ空きスペースを作ってるようなものでむしろマイナスだってのも)。

ただ、こういう世の中になっしまっている以上、相手に与える不安を考慮する必要はあるだろう。

えっとまぁ、そういう話じゃないんだ。

要は、今の私であれば、そんなメッセージが一応効果的ではあると。

ただ、「大切な人」がパッと思い浮かばないような境遇にいる人にとっては、そんなメッセージが繰り返されて、世の中がそんな雰囲気になっていくってのは、ヒジョーにしんどいんじゃなかろうかって。

自分には守りたい大切な人はいないし、自分の命は自分の責任なので、外出自粛なんてしませんけど?って、私がそんな立場ならフツーに思うような気がする。

なんなら「大切な人いねーけど悪りーの!?」ぐらいな。

なんかホント、人の心を動かすのって難しい。

子育てでもけっこう似たような場面があったりする。

って、一例を書こうと思ったが、疲れてきたのでやめよう。

みんなくたびれている。

子どもが大人のコントロールを感じ取るように、国民は国のコントロールを感じ取る。

今は、促して意思に任せる時ではない。

向かうべき場所を具体的に示し、その原動力になるような力強くシンプルなメッセージで心を動かしてもらいたい。

マスク2枚をドヤ顔でばらまける人間に、国民の心が伝わることはないだろうが。

ガッポリ建設小堀さんのザ・ノンフィクション放送決定!

f:id:suzukiyasumu:20191202163044j:plain

さてとポテト、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

 ガッポリ建設の小堀さんメインの「ザ・ノンフィクション」の放送が決まったとのこと。

【4月19日(日)14:00~ 】

gapoken.jugem.jp

その情報を聞いた南千住のキックボクシングジムでのお笑いライブからずいぶん経っていたので、お蔵入りしたものと思っていたが無事放送決定、よかったよかった。

チャンス大城さんとお話しできたり、アマレス兄弟と舞台上でゲームしたり、ルサンチマン浅川さんを知れたり、ステキなライブだったので、ぜひまたやってほしい。

ってしばらくはムリか。。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 と思ったらちょい前にやってた!

にしても、チャンス大城さんがブレイク。

(多分)「さんまのお笑い向上委員会」きっかけで、「5時に夢中!(MXテレビ)」の月イチレギュラーコーナー『月刊地下芸人』が始まったり、アメトーーク!出たり、しくじり先生出たり。

元カノのくわばたのりえちゃんもそんなようなことを言ってたが、ホント、舞台上でも、舞台降りてお話しさせてもらっても、テレビで見ても、全部同じで、ものすげー誠実な人柄を感じさせる。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 ワーキャーのブレイクな感じではないので、なんとなくこのままいけそうで嬉しい。

チャンスさんが出てくる度に「あの時のチャンスさんだよ!」と子どもに教えている。

f:id:suzukiyasumu:20191202163203j:plain

あの時のチャンス大城さん

最近の若手芸人(若者)と、スタッフ(オジさん)の間での意思の疎通がうまくいかず、扱いづらい人気若手芸人より、(話の早い)売れてない中堅~ベテラン芸人の需要が増えているらしいと、なんかのネット記事で読んだ。

真偽は知らんが、なんか分かる気はする。

なので、小堀さんもそんな流れにうまく乗ってもらいたいものだ。

新型コロナで外出自粛ならぬ放送自粛にならないことを祈っている。

じゃ、おやすむ~!!

suzukiyasumu.hatenablog.com
suzukiyasumu.hatenablog.com

suzukiyasumu.hatenablog.com

レモン汁とライム汁《日記#015》

2020年4月3日(金)

子どもに求めてしまう。

どうも子どもに求めてしまう私がいる。

ダラダラさせたくないっつーか。

私自身、若干ストイック気味な自覚はあり、子どもに対して酷な要求だよなと思うことも間々ある。

反面、(これからの時代に怠惰に流されないことは)それだけ大切なことなんだよとも。

要はその辺りのバランスでいつも悩むって話。

親バカでもなんでもなく、うちの子たちはとても「いい子」だ。

とはいえ、時にはダラダラしたりケンカしたり騒いだり、親のしてほしくないことをすることもある。

親に余裕のない時ほどそんな場面が増えたりする。

子育ての危ういところは、「よいこと」「悪いこと」の基準の大部分が、たった二人(or一人)の親にあることだ。

親の機嫌で基準が変わることだってある。

たからこそ私は、まず自分自身の精神的安定(≒健康)を叶えようと努めるし、本質的なふさわしい答えに近づくために知識を得たり考えをまとめて文章にしたりする。

子どもたちに成長させてもらっていると言っていい。

うん、ちょっとなにが言いたいのか分からなくなっている気がする。

最近息子(5歳)が時々言うことがある。

「大人は飲みたい時にビールを飲むのに、どうして子どもはジュースを飲んじゃダメなの?」

我が家は基本的に、いわゆる清涼飲料水的な飲み物を(親も飲まないし)子どもに飲ませない。

(※ちなみに親が飲むビールも、特に決めているワケでもないが「休日に一番搾りを二人で一本」とかいうささやかなもの。)

「絶対禁止!」となると抑圧が強すぎるので、(数ヶ月に一回レベルで)よきタイミングがあれば買うこともあるし、家族付き合いの中でそんな状況になる時まで「ウチはダメ」とはしない。

ジュースの「味」を知り「害」が後回しなら、飲みたがるのは当然のこと。

ならばその害を説明すれば納得するかといえば、そんなことはない。

実感するのは「味」だけで、「害」は(なんなら子どもを言いくるめたいだけかもしれない)親の言葉のみ。

大人でさえ、いわゆる「体に悪いもの」の害をそれほどのものと考えていない人が大多数のこの世の中が、見えないものや今起きていないことに備える難しさを物語っている。

コロナに対する今の日本も同じようなものだろう。

そんなことで、正直、ビシッと納得させる答えが今のところ見つかっていない。

ジュースとビールという違いから、大人であれば理解できるであろう説明も、5歳の子どもには通用しない。

まぁしかし言いたいことは「大人は好きなものを飲んでるのに子どもはなんでダメなの?」ってことだろう。

理解可能な説明ができないなら、親がビールをやめるか、子どもにも相応の「楽しみ」を味わわせてあげるか。

 

なんてことを先週あたりにここまで書いていて、その週末にしたこと。

子どもに「お手軽レモンライムジュース」を作った。

清涼飲料水を習慣にしたくないとか、親も子も息抜きは必要だろうとか、コスト面とか、諸々考慮した結果導き出されたアイデアだ。

小さめのコップに7割程度水を入れ、小さじ1程度の甜菜糖を溶かす。

そこに、カルディの100%レモン汁とライム汁(ライム汁!)を適当な割合で注いでできあがり!

ちなみに、そのために買ったものはない。

いわゆるジュースのような強烈な味とまではいかないが、子どもの反応から、「麦茶じゃない」というスペシャル感を与え、不公平感を拭うことはできたかなと思っている。

「マスク2枚」をあのノリで言えるのがリーダー《日記#014》

2020年4月2日(木)

国の緊急対策として一世帯にマスク2枚。

布だ。

ツイッターを眺めてたら、なんかもう「マスク2枚」をネタに書くのもバカバカしくなるくらい、誰もが呆れている。

私も呆れている。

これほどまでの勇気ある決断を下せる人間に、国のトップを任せていた自分たちに。

そう、これは我々国民一人ひとりの責任なのである。

なんかちょっと、急にくたびれてきた。

にしても、真意がまったく読み取れないあたりに狂気を感じる。

たとえば「オリンピックがどうなるか確定するまでは感染者を出したくない」的な、裏事情っぽいものが見えてこない。

誰かに対する忖度の「マスク2枚」なのか、なにかを守るための「マスク2枚」なのか。

「なんと、今私のしているこのマスクと同じモデルの布マスクを国民の皆さまにもれなくプレゼント!」

なぜこんなノリで言えるのか?

フツーに頭がおかしくなったんじゃないかと心配になる。

ノリ的に絶対おかしい。

どなたか、なんとなくでも「こんな事情があるんじゃないの?」みたいなことが思い当たれば教えてほしい。

しかし、マスク2枚をひたすら封筒に入れる作業をすることになる選ばれし国民が現実にいると思うと、なんとも言えずになんとも言えない気持ちにさせられる。

コロナ禍の読み方を調べるひと手間《日記#013》

2020年4月1日(水)

チラホラ見かける「コロナ禍」という文字列。

禍(か)と読み、災難とか災いという意味らしい。

www.google.co.jp

「コロナ禍」で、コロナによる災難。

で、いつからか使われ出した「コロナ禍」の誤用なのか、「コロナ渦(うず)」という新語が出現し、かなりの勢いで「コロナ禍」を侵食してるらしい。

www.poc39.com

多分、「なんとなく違うけど調べるの面倒くせーし、渦っぽい感じで言ってること伝わるから、渦でいいんじゃね?」ってのが、この状況を生んだのではないだろうか(※大手メディアの記事でも「コロナ渦」が使われているところを見ると実際どうなのかは謎)。

恥ずべきことかもしれないが、四十数年の人生で「禍」という文字に初めて出会った。

私自身知らなかったし、「コロナ渦」現象からも、「禍」という文字や「~禍」という表現は、(世代によるのかもしれないが)一般的ではないように思う。

私が言いたいのは、そんな一般的でない文字を引っ張り出してきて、わざわざ「コロナ禍」なんて表現する必要ある?ってこと。

なんだかんだとゴチャゴチャしているこんな時に、調べものを増やさないでほしい。

一番最初に言い出したのは誰だと、「コロナ禍 言い出しっぺ」で検索を始めた私に、心の中のぺこぱがささやいた。

「言い出しっぺを吊るし上げるのでなく、新しい言葉を知ることができた感謝を示すべきだ」

心の中にぺこぱを常駐させておくの、オススメです。

新型コロナで不信や不安も感染する《日記#012》

2020年3月31日(火)

一人世帯は15万、複数世帯は一人当たり10万。

必要ない世帯には税負担を軽くする。

やるなら、これで一ヶ月がっちりロックダウンでよくないかい?

今の状況見てたら、コロナ終息して社会が元通りになるなんて多分もうないんだから、これまでの常識で経済がどうとか言ってる時じゃなくないかい?

土日外出しないでね、平日働いてもいいけど。

平日縛られ休日縛られ。

お店行かないでね、やっててもいいけど。

行くなって言われてんのに店開けさせられ。

こんな安倍コベ(うまい!)続けてて収まるかい?

いつまで続けりゃいいのかい?

コロナが収まる前に人間が爆発するんでないかい?

さすがにみんな気づいてきた。

こんだけ矛盾してちゃ国を信用できない。

国を信用できないから不安になる。

新型コロナが、ウィルスだけでなく不信や不安も感染させているようにみえる。

志村けんが冗談みたいに死んでしまった《日記#011》

2020年3月30日(月)

志村けんが死んだ。

冗談みたいだ。

本人もまさかコロナで死ぬとは思ってなかっただろう。

誰もが「自分は大丈夫」だと思っている。

有名人がコロナに感染。

そしてそれが志村けん

その志村けんがコロナで死んじゃった。

みんな、グッと「自分事」にさせられたはずだ。

私も少し考えが変わった。

自分は重症化しないだろうからと、別段なんの対策もなく今までと変わらない生活をする(※外出自粛はした)。

「自分にとっては無害なウィルス」に感染している無自覚な自分が、自分と接した誰かの命を危険にさらし、最悪奪うことになるかもしれない。

より身近な人がその相手になる方が自然だ。

自分にとってなんともないことで死んでしまう人もいる。

自分が死ぬことはもちろん怖いが、自分が誰かの死のきっかけになり、それを背負って生きていくことが怖い。

志村けんで言えば、たとえば自分がADで、普段は口をきくことさえままならないのに、たまたまエレベーターで一緒になった時に、マスク姿の志村けんが労をねぎってくれて、初めてまともに言葉を交わした。

その後、自分の家族からコロナ感染者が出て、あの時の(マスクもしていなかった)自分にも感染していた可能性が極めて高いことが判明。

なんてことになったらって話。

そんなワケで、図書館に予約の本を受け取りに行く時と、ライフのレジではマスクをしておこう。

つーか、それ以外人と近距離で正対する機会がない。

つーかつーか、客対応のリスクって半端ないな。。

外出自粛で手作りピザ《日記#010》

2020年3月28日(土)

外出自粛要請の中ではあるが、というより自粛の中だからこそ、早朝に子どもたちと公園に行った。

私はうんていが好きだ。

うんていをやると、日常生活では使いたくても使えないような肩回りの筋肉がゴリゴリに使われる。

その感覚が気持ちいい。

小学生以来うんていしてないわって人はぜひ一度やってみてほしい。

何十年ぶりの一発目なんかは、むちゃくちゃキツくてバッキバキになること請け合いだ。

お昼は、思いつきで手作りピザ初挑戦。

f:id:suzukiyasumu:20200328145036j:plain

ホームベーカリーで捏ねた生地を伸ばす

生地をホームベーカリーで捏ねてる間に、トマトソースを作り、トッピング(チーズ、ジャガイモ、たまねぎ、チキン、マヨ)を用意。

f:id:suzukiyasumu:20200328145058j:plain

トッピングを適当にのっけまくる

じゃがマヨチキンピッツァの完成。

f:id:suzukiyasumu:20200328144942j:plain

娘(小3)の育てたペパーミントを散らして出来上がり

上出来だ。

焼き時間と温度、薄力粉と強力粉の比率など、生地の食感さえつかめればそれなりのものにできるだろう。

元気ならこんなことをしてわざわざアップまでできる。

窮屈さを感じるかと思っていた外出自粛要請だが、むしろ開き直ってのんびりした時間が過ごせている。