ミミズだってオケラだってアラフォーだって

ビルの受付からカリッと更新中!サクッと読める香ばしい雑記です

私の仕事観【中】

f:id:suzukiyasumu:20190410193126j:plain


どうも、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

本日は一日中恵みの雨。

どうだろう?

「雨」の前に「恵みの」をつけただけで、一日中恵まれているようではないか。

「恵みの雨が一日中私に降り注いでいる」

自分の身体のまわりにキラキラした輝きが見える。

あぁ、私は大丈夫だ。

「雨」の前に「恵みの」をつける作戦、ぜひ。

さて。

レアな反応にハートがジュワッとする

昨日の続きだ。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 ブコメ&スター(ラッツ&スターか!)やツイッターで、なんとなくレアな反応をチラホラもらって、なんかハートがジュワッとした。

それだけ、こんな社会に違和感を感じている人が多いということだろう。

実は私の中では、「こんな社会でどう生きていくか」の答えは明確になりつつある。

仕事観からはみ出してしまう気もするが、ここはひとつ黙って聞いてほしい。

こんな社会でどう生きていくか

ひとことで言うと「しあわせを感じやすい自分になること」だ。

今「安っぽいな」と感じたとすれば、その感じ方が問題になる。

ひろゆき氏が「R25」のインタビューの中で「こんな知り合いがいて〜」って話をしてて、それがすごく分かりやすい。

肉体労働系の仕事をしてる僕の知り合いで、毎日18時くらいに家に帰ってきて、ビール飲んで寝て、また次の日も仕事に行って、土日は野球をやって…みたいなヤツがいるんですけど、「毎日すげー楽しい」って言ってて。

〜 中略 〜
正直その人は頭良くないんですけど、「俺、子どもにも頭良くなってほしくないんだよね」とも言ってて。「頭良いのに苦労してるヤツがすごい多い。俺は頭悪いけど幸せだもん」って(笑)。

傍目から見てもそう見えるんですよね。

 このインタビュー、他にもいいことばっかり言ってるのでぜひ。

r25.jp

まさにこういうことで、「価値」をどこに置くか。

今の世の中を憂いているだけでもいいことないし、自暴自棄になってちゃもっとマズい。

私が【前編】でのたまっていたようなこともそうで、たとえそれが正論だとしても、こんな社会である以上、正論はキレイに畳んでしまっておいて、こんな社会の常識の中で生きるより他なくて、自分自身が今ある状況をどう感じられるか、しあわせに生きるにはどんな選択をすればいいかにかかってくる。

今の社会にただ漠然とネガティブな感情を抱き続ける限り、しあわせに生きることは難しい。

仕事に求めるものを明確にする

仕事という観点からであれば、まず第一に業務内容が「やってて楽しい」とか「大変だけどやりがいがある」とか、過程から結果まで、軸足をポジティブ側においたままでいられるかどうか。

業務内容でそれが叶えられなければ、就労条件に求める。

拘束時間が短いとか、休みが確保できるとか、通勤時間が短いとか。

業務内容、就労条件、人間関係などなど全部ひっくるめて「仕事」に対して、フラット(からポジティブ方面)な感情でいられればそれでよし、ぐらいでいい。

しかし、こんな話さえなんとなくキレイごとに感じられちゃうって、なかなか救いのない世の中だ。

おっと、こんなことを言っていてもなんにもならない。

あ〜、時間切れや。。

ちょっとやっぱり「仕事観」って感じじゃなくなってる気がする・・・。

まいいや、また明日。

じゃ、おやすむ〜!!

【下】に続きます〜↓

suzukiyasumu.hatenablog.com