私の体調

世界に届け私の体調!

電気グルーヴが次長課長にならないために石野卓球にオススメしたいこと

どうも、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

やっとこさ金曜日。

さて。

ピエール瀧を許そうとする空気

ピエール瀧逮捕のニュースも、落ち着きそうで落ち着きません。

news.nifty.com

それでも、昨今の芸能界のスキャンダル(っつーか社会全体)には珍しい、「許そうとする空気」を感じる気がするんですが、どんな感じでしょうか?

これきっと「電気グルーヴの価値」なんでしょうね。

深く愛される電気グルーヴの一員でありつつ、広く親しまれる役者・タレントのピエール瀧でもある。

深く愛されてるとこの層が厚い分だけ、許そうとする空気が表に出てくるって感じで。


むしろ、矛先が瀧から卓球に向かってますよね(卓球氏の狙いっぽい気もしますが)。

個人的には、「ちょっと許そうとするの早くね?!」って思ってます。

一応私のスタンスを言っとくと、世間一般よりは電気グルーヴ寄りぐらいの位置だと思います。

漫☆画太郎先生や、殺害塩化ビニールとの関係性などから、まちがいない人たちだとは思いながらも、ちょっとなんか、カッコいいとこに収まりすぎな気がしてて、ポジティブな感情の中になんとな〜く妬みがあるというか。

石野卓球のツイートに感じるツラみ

そんな感じなので、卓球氏のツイートとか見ても「ヨッ、卓球!」とはならないんですよね。

その「ネタにしつつ温かく受け入れてやろう」ってのと、世間に対する「クソかよ」っていう意思表示は理解できるんだけど、それより「本人ツラくね?」の方が勝っちゃう。

表面上、鋼のメンタル装うことはできるし、実際「うるせーよ」って感じではあるんだろうけど、この先ずっと「疑惑の人」で生きていくのツラすぎるでしょ。

なんとなくの「世間の目」もそうだし、一緒に仕事する人たちだって、本当に信頼関係できてる人以外は、そんな目で見続けますよ。

ネタにして消化すんのも今だからできることで。

でもね、しばらくしてピエール瀧が復帰して「電気グルーヴ」として活動し続ける分には、たいした壁ないですよ、今すでに「許そうムード」なんですから。

瀧の損害賠償とか、背負うものは背負うとしても、日々の生活に困るようなことも多分ない。

でもやっぱね、「世間の目」を今のままにして、ちょっと深いとこに潜るような感じって、誰も望まないんじゃないかなと。

瀧の借金返済も、その働き方だとキビしいでしょうし。

石野さん、自首しちゃってみましょう。

私に妙案があるので聞いて下さいよ。

正直、これ決めたら歴史が変わります。

石野さん、自首しちゃってみましょう。

あのね、これべつに、「罪を償って二人で出直すべき」なんて、教科書どおりの行いを勧めてるんでなくて、ネタです。

社会常識なんてフワッとしたもん飛び越えて、日本の法律で遊んじゃうの。

私の認識なら、電気グルーヴってそういう人たちでしたよね?

世間一般の常識とか、空気とかを茶化してオモチャにして楽しんじゃう感じの。

貫きましょう。

石野卓球自首の手引き

手順言いますからメモして下さい。

まず、今もなんかやっちゃってるんだとしたら、出てこないようにしときます。

で、取り急ぎ自首しましょう。

今やってないんだとしたら、罪に問われるような証拠までは出てこないでしょうから、不起訴っていうんですか?自首したけど無罪放免って状況になるワケです。

※運悪くなんか見つかっちゃって、罪を償うとしたってまぁ一年二年不自由な生活するぐらいでね。

えぇ、やることはこれだけです。

あ、あと釈放の時は七三分けでね。

もうこれで、世間は「よく反省して白状した!」って満足します。

ファンからすれば、壮大すぎる30周年サプライズで大盛り上がり。

二人にとっても、揃って前科者扱いになれば、変なわだかまりもなくなるし、こうなったらエンターテイメントの世界で唯一無二ですよ。

この先、怖いものナシのなんでもアリ。

どうです?!妙案でしょ??

私コレ、今書いてる間にも先にやられるんじゃねえかって、若干気を焦らせてますからね。

二人で自首の打ち合わせしてるんじゃねえかって。

石野卓球 ピエール瀧被告から感謝され「おまえの発言に救われた」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

放置で沈静化なら電気グルーヴ次長課長になりかねない

とにかくね、このまま沈静化って先々よくないですよ。

まして卓球ツイートで、かなり世の中煽ってますから。

このままだと、ずっとドヨ〜ンとしたものが底にこびりついたままになります。

だって、次長課長河本見て下さいよ。

人殺したわけでもないのに、この感じじゃもう一生許されませんよ。

私自身、「そこまでのことしてないけどな」って思ってたって、この先河本でナチュラルに笑えるようになれない気がしますもん。

それこそ「空気」で、それをいいとかダメとか言ってもしゃあないというか、ちょっとしたズレでずーっと噛み合わなくなるというか。

なのでぜひ、石野卓球のためにも、ピエール瀧のためにも、電気グルーヴのためにも、次長課長のためにも。

石野さん、自首オススメです。

じゃ、おやすむ〜!!