私の体調

世界に届け私の体調!

ピエール瀧コカイン逮捕∥大河ドラマ「いだてん」とコカインを掛け持ちするサブカル感

どうも、林やすむ[@hayashiyasumu]です。

連日のいい天気。

さてとポテト。

51歳妻子ありで大河ドラマいだてん出演中にコカイン

ピエール瀧がコカインで捕まりましたね。

www3.nhk.or.jp

あくまで私の認識ですけど、そういう人を面白がるポジションの人が、足踏み外してそっち側に落ちちゃったって感じ。

やるんだったら絶対見つかっちゃいけないタイプの人でしたねぇ。

でもなんか、世間的にはすっかり役者(兼ミュージシャン)扱いされるようになってて、大きなくくりでの社会的信用ってのはまぁ失って当たり前なんですけど、とはいえそのもう一層深い部分での信用は失ってない感じがありますね。

ネタにはしてもディスってやるなよ的な。

ま、ツイッターのわたしのタイムライン上の雰囲気なんでアレですが。

私はどっちってこともありませんけども、51 歳って年齢と、妻子ありってのを知るとなんだかなと。

 サブカル界隈の人たちを心から笑えない理由

私の中ではいつまで経っても、ミュージシャンとして出てきたサブカル界隈の人って感じのままなんです。

あとは、電気グルーヴのラジオが、ツラい時期の漫☆画太郎先生の心の支えになってたってことぐらい。

ホント〜に個人的なフワッとした感情なので、「そういう考え方の人」とまでは思わないでもらえるとありがたいんですけど、サブカル界隈に足突っ込んでて、よくも悪くも解ったような物言いで、「俺のセンスどう?」って雰囲気を醸し出し、かつ「気張って芸能活動してきたつもりもないんだけど気づいたらこんなとこにいるんだよね」みたいな人(私の中ではピエール瀧もそんなうちの一人)って、なんか心から笑えないんですよね。

いやコレ、恥ずかしいことに気づいちゃったんですけど、うっすら「自分でもできんじゃね?」っていう途方もない勘違いからくる嫉妬が入ってる気がします。

(※書いてみて改めて恥ずかしいですけど、自分の感情を成仏させるために書いてますよ!)

ダウンタウン症候群的なね。

suzukiblog.com

俳優だCMだ手広く芸能人してなければ逮捕されなかったんでない?

でも、芸人さんにはそういうちょっと「フンッ」みたいのは感じないんですよ。

なぜかって、芸人は、「自分が一番面白い!」ってのを、まず職業として宣言してて、それを自分自身で舞台に立って頭と身体を使って表現して、「コレ面白くない!?」ってやってるワケです。

たとえ面白くなかったとしても、なんかもう生き様として潔いじゃないですか?!

サブカル界隈のそういう系の人たちって、発言もたいがい自分の主戦場じゃないとこの話ですよね(えらいなんとなくで決めつけてますが)。

いや、面白いですしべつにキライでもないんですけど、なんかすんなり笑えないんだよなと。

「自然体ですけど?」「ダメ人間ですけど?」みたいな顔して、見えないとこではなんだかんだうまく立ち回ってやってきたんじゃねーの?みたいなね。

ってなんなんですかさっきからこの、自分の心の汚れを勝手に発表させられてるザンゲ感は?!

いやとにかくね、役者だCMだレギュラー番組だなんて手広くやらずに、ミュージシャン&時々サブカル系コメンテーターぐらいのポジショニングでやってれば、捕まらずに済んだんじゃないですかね〜って世間話でした。

やっぱ芸能人ってリスクでかいですよね。。

suzukiyasumu.hatenablog.com

 

じゃ、おやすむ〜!!